RIEKO YAMASE/アス飯®️料理研究家 活動記録 11月29日更新!

山瀬理恵子の今日もアス飯YouTube!35本目!ふくやさんから新商品発売!

“いつもの味”をひとさじで激変させる万能”明太”調味料ができました!複数のブレンドした唐辛子に綿実油、XO醤や味噌など数種類の調味料を調合し、辛みと旨みが複雑に絡み合う個性的な味に仕上げています。もつ鍋やキムチ鍋、豆乳鍋などにひとさじ加えると、味が激変!辛みと旨み、コクがプラスされ、普段とは違った美味しさに。餃子の薬味やカレーやチャーハンの隠し味、クリームチーズと合わせてディップにと、料理の幅が広がります。万能な”明太調味料”として、ぜひお試しください!

 

https://youtu.be/rsMjQcvIzvQ

愛媛県東温市 広報とうおん12月号 山瀬理恵子のアス飯

 

#愛媛県 #東温市 #広報とうおん 最新号2020年12月号

#山瀬理恵子のアス飯 掲載!

@toon.city

https://instagram.com/toon.city?igshid=an3xc130leey

冬からはじめる健康×走特集!デジタルブックにてご覧いただけます!

https://www.city.toon.ehime.jp/book/list/book31.html

京都新聞読者情報誌山瀬理恵子のアス飯連載「きらっと!京滋」2020年12月号掲載!

 

11月18日全4回オンラインスクール無事終了!

 

愛媛県はだか麦レシピ開発

日  時:令和2年11月17日(火)

【中村時広知事報告会】

日  時:令和2年11月17日(火) 11:45~12:00

場  所:知事会議室(県庁本館3階)

訪問者

三浦工業株式会社 取締役会長

高橋 祐二( たかはし ゆうじ ) 氏

株式会社伊予銀行 常務取締役

山本 憲世( やまもと けんせい ) 氏

株式会社愛媛銀行 常務取締役

豊田 将光( とよだ まさみつ ) 氏

愛媛県信用農業協同組合連合会 代表理事理事長

井関 正志( いせき まさし ) 氏

出席者

全国農業協同組合連合会 愛媛県本部長

関岡 光昭( せきおか みつあき ) 氏

料理研究家

山瀬 理恵子( やませ りえこ ) 氏

次 第:(司会 主幹)

(1)各企業取組報告(三浦工業、伊予銀行、愛媛銀行、 県信用農業協同組合連合会)

(2)生産状況報告(全農えひめ:関岡本部長)

(3)はだか麦料理紹介(料理研究家:山瀬理恵子氏)

(4)知事試食

(5)写真撮影

※終了後、囲み取材、物撮り

2020年10月31日放送!南海放送Beans  FUJ I presents レギュラー料理コーナー「山瀬理恵子の今日からできるアス飯」(出演者:南海放送アナウンサー 甲斐彩加・料理研究家 山瀬理恵子「秋の味覚のシャキシャキ肉団子」 

前回放送はこちら


9月に入ると次第に気温が下がって空気が乾燥する。この時期は夏の疲れも出てくる頃。ビタミンB群にしっかり意識を置き免疫調整にも心がけたいところ。ポイントとなる栄養素は感染症対策で注目を浴びるビタミンD3、D2(組織や細胞を正常に機能させ筋肉の質や量を保つ栄養素でもある)亜鉛摂取に加え、スーパーフードの卵、舞茸の多糖体、旬食材のオメガ3で細胞膜の質を上げながら免疫システムを活性化。更に粘膜保護に役立つプロビタミンA、ビタミンCの豊富な香味食材を用い、香り成分でガード力を高める。イソアリシン、アホエン、フルクタンはいずれもウィルス対策に有効。黒こしょうなどのスパイス類は風味づけになるだけではなく、消化を促したり重要な栄養源となる。胃腸の内壁の血行を良くして働きを活発にし食べ物の消化吸収を高め、更にたんぱく質分解酵素のジンジベインを含む生姜は加熱調理により体を中からあたためるショウガオールの摂取も出来る。迅速なエネルギー源の中鎖脂肪酸を使ったこの時期ならではの一品に仕上げる。器/松元洋一

Profile
Announcer
甲斐彩加
Kai Ayaka

出 身:宮崎県入社年:2019年血液型:O型
星 座:乙女座 担当番組
【テレビ】「大好き!まつやま 駆けのぼろう白い雲」(火/20:54~)「Beans」(土/11:55~)「キラリ☆夜なカフェ」(金/0:54~ 木曜深夜)
【ラジオ】「歌のない歌謡曲」(月~金/7:00~)
メッセージ:南海放送2年目、愛媛県民2年目、県内いろいろなところに行ってこれから さらに愛媛の溢れる魅力に出会えるのがとても楽しみです。4月から新たに担当番組が増えてドキドキ…!!テレビやラジオを通して、視聴者の方々の毎日に彩りを加えられたら嬉しいです。よろしくお願いします!

次回アス飯セミナーテーマは今季は最終回「考え方・言葉・リラックス法」

締め切りました
https://www.joeufm.co.jp/sp/special/asumeshi/

10/28㈬Webセミナー栄養講座 ¥2,000- 【エネルギーを最大限発揮する】 開催時間 WEBセミナー 10:30~11:30  Webセミナー受講方法:ZOOM登録手順について ※事前にZOOMへの登録をお済ませください。ZOOM登録手順について ①参加フォームにて申し込みいただいたメールアドレスに参加費用の振込先をお送りさせていただきます。②入金の確認ができましたらwebセミナーの参加のための招待アドレスをお送りさせていただきますので当日はそちらのアドレスからアクセスいただきご参加ください。その他 申し込みフォーム入力後、3日以内に申し込み完了のメールが届かない場合はお手数おかけいたしますが、下記事務局までご連絡ください。その他、ご不明点あれば事務局までご連絡ください。山瀬理恵子のアス飯運営事務局(星企画内) TEL:089-956-3555 担当:中野 Mail:nakano@hoshi-ad.co.jp お問い合わせ 担当者:林 TEL:080-8632-4563 (ご対応時間9:30~18:00) Mail:m_hayashi@joeufm.com

山瀬 理恵子(やませ りえこ、1977年9月16日 – )はアスリート向けの料理を中心とした料理研究家。Jリーグ・サッカー元日本代表愛媛FC所属の山瀬功治は夫。北海道十勝郡浦幌町出身で、うらほろアンバサダー。

https://www.urahoro.jp/soshiki_shigoto/matidukuriseisakuka/kikakusinko/urahoroAmbassador/

【生誕】1977年9月16日(43歳)北海道十勝郡浦幌町
【住居】松山市
【国籍】日本
【出身校】北海道女子大学・短期大学部初等教育学科 体育コース
【職業】料理研究家
【身長】168 cm
【配偶者】山瀬功治

【来歴・著書】
元小学校教諭。夫の二度の負傷(2002年に右膝前十字靭帯断裂、2004年に左膝前十字靭帯断裂)がそれぞれ約8カ月のリハビリ生活を要し、当時浦和レッズの管理栄養士兼アテネ・北京五輪水泳金メダリストの北島康介選手専属管理栄養士だった川端理香氏と1年間の個人契約。その後も椎間板ヘルニアを患い4度目の手術を経験。3年以上にも渡るリハビリ期間でアスリートにとっての料理の大切さを痛感、本格的に研究を始めた。運動選手にとっての食事は部活動などに励む子どもたちにも有効なうえ、体脂肪コントロールや筋力向上なども期待でき、一般的な食事としても応用ができるという観点からさまざまなレシピを考案。大学他各教育機関や企業で講演や調理実習を重ねながら、雑誌、新聞社にて連載執筆、テレビ出演、ネットなどで発信している。サッカー専門誌エルゴラッソ担当記者から依頼でサッカーダイジェストの特別企画「サッカーと食の話」を執筆、話題となり、2011年よりサッカーダイジェストテクニカルにてスポーツ栄養レシピ・コラム連載が開始。これを機に料理研究家としての活動をスタートした。専門分野は植物化学。著書に3年間の京都新聞連載を書籍化した『アス飯レシピ』(京都新聞出版センター)がある。2013年にはクックパッド株式会社よりオファーを受けクックパッド公式kitchenを開設。「アス飯®」の商標を登録している(登録番号:第5976205号)。

【資格】
熱中症対策アドバイザー(熱中症予防声かけプロジェクト 後援:環境省)
初等教育教員免許(小学校教諭・幼稚園教諭。北海道女子大学・短期大学部初等教育学科体育コース卒業)
日本食育インストラクター協会認定「食育インストラクター」(江上料理学院卒業)
日本フードコーディネーター協会認定「フードコーディネーター」(江上料理学院卒業)
日本アロマ環境協会認定「アロマテラピーインストラクター」(ニールズヤードレメディーズみなとみらい校卒業)
日本スポーツアロマトレーナー協会認定「スポーツアロマトレーナー」(プレミナセラピストスクール代官山校卒業)
日本メディカルハーブ協会認定「ハーバルセラピスト」(株式会社グリーンフラスコ自由が丘校卒業)
株式会社アスリートフードマイスター公認「アスリートフードマイスター3級」(梅田校卒業)
日本プロカウンセリング協会認定「心理カウンセラー2級」(東京本部校卒業)
日本総合プロフェッショナルケア協会「薬膳スパイスアドバイザー」(博多校卒業)
日本野菜ソムリエ協会認定「野菜ソムリエ」(渋谷校卒業)など。

【現在の主な学び】
オーソモレキュラー栄養医学研究所 オーソモレキュラー・ニュートリション・エキスパート 第四期継続受講中(紹介者:医師 姫野友美 講師:医師 溝口徹他)

日本スポーツ栄養協会「ビジネスパーソンのためのスポーツ栄養セミナー」全六回受講終了(講師:日本スポーツ栄養協会理事長 神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科教授 鈴木志保子)

日本メディカルハーブ協会認定 ホリスティックハーバルプラクティショナーコース基礎医学領域継続受講中(病態生理学/医師 降矢英成 生化学/薬剤師 飯田みゆき 栄養学/管理栄養士 野口和子 薬理学/薬剤師 渡辺肇子)

日本メディカルハーブ協会シンポジウム(ハーブと免疫)受講終了(講師:日本メディカルハーブ協会理事長 /林真一郎)

長島司の森の香り・里の香りコンシェルジュ第二期受講終了 ※11月の資格試験のみ(精油化学:ヒノキ、スギ、青森ヒバ=ヒノキアスナロ、トドマツ、アカエゾマツ、コウヤマキ、クロモジ、ニオイコブシ、クスノキ=カンファー樟、芳樟=リナロール樟、ユズ、八朔とその他の香り成分、ミカンとその他の香り成分、シークワーサーミカンとその他の香り成分、ラベンダー、シソ、ハッカ、月桃、ハマナス、キンモクセイ、水仙、ロウバイ、イグサ、調香他)

木村正典の植物学講座第一弾 「植物の学名を学ぶ」分類と学名の関係、学名の成り立ち、学名のシノニムと学名の調べ方、学名の意味とその調べ方、学名の命名者、学名の読み方など  受講終了

木村正典の植物学講座第二弾「生き物の繋がりと生態系ー光合成・呼吸と炭素・窒素循環。植物にとっての一次代謝産物と二次代謝産物の成分過程とその役割。精油は植物のどこに何のためにあるのか-科ごとに見る精油分泌組織」受講終了

鏡リュウジ「星と植物の関係」受講終了

吉冨信長のマグネシウム・鉄研究 in福岡 受講終了

日本メディカルハーブ協会第二回学術フォーラムin東京 門脇真氏/薬学博士 富山大学名誉教授『メディカルハーブによる食物アレルギー体質の改善効果について』受講予定

日本メディカルハーブ協会第二回学術フォーラムin東京 前田浩氏/医学博士/農学博士/熊本大学名誉教授/東北大学特別招聘プロフェッサー『野菜の力はスープにあり』受講予定

30種のハーブとビブリオ講座「クロモジのウィルスに対する有効性」(講師 愛媛大学医学部抗加齢センター所長 伊賀瀬道也教授)「植物のクロモジ利用」(講師 井上泉)受講終了

アロマサイエンスアドバンスコース第一期 継続受講中:精油の構造分類による作用と特徴、精油の構造分類による作用と安全性、精油の薬理作用と抗菌作用、精油の体内代謝と薬物相互作用(医薬品を併用した場合の相互作用)注目される精油の機能性とその活用法(講師:グリーンフラスコ株式会社代表/薬剤師・臨床検査技師/東邦大学薬学部客員講師/静岡県立大学大学院非常勤講師/日本赤十字看護大学大学院非常勤講師/NPO法人日本メディカルハーブ協会理事長/ 一般社団法人日本フィトセラピー協会副理事/一般社団法人日本ハンドケア協会理事/NPO法人日本ホリスティック医学協会理事/ソフィアフィトセラピーカレッジ開催/林真一郎)

精油の向精神作用と精油成分の脳への移行性(講師:国際福祉大学 薬学部准教授・博士(薬学)佐藤忠章 講師;村上志緒・薬学博士・理学修士(東邦大学薬学部訪問研究員、東京都市大学知識工学部非常勤講師:化学、静岡県立大学非常勤講師:植物療法、浦和大学短期大学部非常勤講師:生物学)受講終了

メディカルハーブ2020年後期研究論文情報解説最新版 継続受講中(植物療法を科学視点から考える:心と脳機能、婦人科、消化器、免疫、皮膚、メタボとロコボ)講師;村上志緒・薬学博士・理学修士(東邦大学薬学部訪問研究員、東京都市大学知識工学部非常勤講師:化学、静岡県立大学非常勤講師:植物療法、浦和大学短期大学部非常勤講師:生物学)

スポーツ科学における免疫機能と香りの研究最前線(講師:日本スポーツ振興センター国立科学センタースポーツ契約研究員 枝伸彦)受講終了

脳科学から紐解くストレスとメンタルヘルス(講師:九州大学大学院 医学研究院臨床医学部門心身医学講師・医学博士 吉原一文)受講終了

【主な連載】
京都新聞読者情報誌「きらっと!京滋 山瀬理恵子のアス飯レシピ」(2018年~)
愛媛新聞「愛媛食材で愛あるアス飯 山瀬理恵子の行ってこ〜わい」(2019年~)
愛媛県東温市の広報誌「広報とうおん」で「山瀬理恵子のアス飯®」を連載開始(2020年6月号~)

【過去の連載】
サッカーダイジェストテクニカル「山瀬家の食卓」企画・構成 藤井雅彦(2011~2013年)
京都新聞「アス飯」(2014〜2017年)
西日本スポーツ新聞「理恵子のアス飯」(2017〜2019年)

【主なレギュラー番組】
愛媛新聞オンライン 愛媛食材で愛あるアス飯 山瀬理恵子の行ってこ〜わい(2019年~)
愛媛CATV 愛媛食材で愛あるアス飯 山瀬理恵子の行ってこ〜わい(2019年~)
南海放送Beans今日からできるアス飯(2019年~)
FM愛媛 JA全農えひめpresents「山瀬理恵子のアス飯」(2020年~)
味の明太子のふくやYouTubeアス飯(2018年~)

【過去のレギュラー番組】
京都新聞アス飯オンライン(2015〜2017年)
テレビ西日本 ももち浜ストア夕方版スポーツコーナーアス飯(2017年)
西日本スポーツ新聞アス飯オンライン(2018年)

【活動実績】

2005年
管理栄養士 川端理香著書「勝つための栄養食BOOK」にて著者と対談。リハビリ食3献立と共に書籍掲載。

2007年
世界陸上選手権香川県丸亀事前合宿にスポーツアロマトレーナーとして帯同。植物が生合成した揮発性の芳香物質を蒸留によって抽出した精油(精油は、植物の花、葉、果皮、果実、心材、根、種子、樹皮、樹脂などから抽出した天然の素材、有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質である。各植物によって特有の香りと機能を持ち、アロマテラピーの基本となるもの。スポーツ選手はドーピング関連で取り扱いが繊細。精油の化学構造、化学成分、嗅覚及び経皮吸収ルートなどの解剖学は必須)を用いて海外世界陸上出場選手のコンディショニングケアに携わる。(デンマーク、フィンランド、ノルウェー、スウェーデンの北欧4カ国を中心に約150人の選手、コーチらが来県)

2008年
横浜市教育委員会が発行する食教育だより製作を協力。(食教育だよりは横浜市の全小中高、特別支援学校に年3回配布されるもので各25万部計75万部発行)

2010年
日刊スポーツこだわり食取材掲載。夫の山瀬功治が当時所属していた横浜F・マリノス担当藤井雅彦記者から依頼を受け、サッカーダイジェストゴールデンウィーク特別企画「サッカーと食の話」に執筆。シチュエーション別料理献立写真に栄養説明を添付したページが話題となり、2011年よりサッカー専門雑誌、サッカーダイジェストテクニカルにてスポーツ栄養レシピ・コラム連載が開始。(2年間)

2013年
クックパッド株式会社よりオファーを受けクックパッド公式kitchenを開設。

2014年
4月1日より京都新聞朝刊にてスポーツ栄養レシピ・コラム連載が開始。(毎週火曜日発売。朝刊発行部数は50万部。翌年立ち上げの京都新聞アス飯メディア部門は紙面連載と連動)異例の長期連載を達成。(2014〜2017年 スポーツ栄養レシピ・コラム連載)これを書籍化した著書「アス飯レシピ」を京都新聞出版センターより2017年8月発売。【企画:塚本宏・岡本壮・国貞仁志(京都新聞社)動画編集:龍 太郎(京都新聞社)編集・構成:山形恭子(オフィスK)装丁・デザイン:佐野佳菜(いろいろデザイン)DTP:今岡弓子(京都新聞印刷)】発売後1ヶ月で増刷が決定しアス飯は特許庁により商標登録認定された。滋賀県内の全小中高、特別支援学校計404校に優良図書として寄贈され、全国の図書館へ配布。

2015年・2016年
キユーピーマヨネーズ料理グランプリ2015年京都府代表。PHP研究所巻頭料理カラー2年連続掲載。サッカー協会、株式会社アスリートフードマイスター、京都サンガF.C、アビスパ福岡アカデミー、小中高、大学他各教育機関・Jr.アスリート保護者及び九州電力など各企業にて栄養学講演、調理実習多数開催。

2017年
味の明太子のふくや、味の兵四郎など各食品メーカーとのコラボが開始。吉本興業所属のケン坊田中と共にテレビ西日本ももち浜ストア&西日本スポーツ新聞連載、連動料理コーナー「山瀬理恵子のアス飯」レギュラーを担当。北海道十勝郡浦幌町教育文化センターにて内閣府男女共同参画・まちづくり講演会講師任務。

2018年
故郷・北海道十勝郡浦幌町ふるさと大使就任。サントリー×西日本新聞×アス飯のタイアップ企画にて6レシピ提供。6月アスリートと一流仕事人に学ぶココロとカラダのコンディショニングマガジン『CoCoKARAnext』 (ココカラnext)にて執筆。福岡県筑紫女学園大学にて人間科学部大西良准教授及び『LIKKE』大学生らと子ども食堂イベントをアス飯でサポート。福岡サンパレスホテル坂本憲治総料理長とアス飯弁当をコラボ販売し120食1200円が1時間で完売。11月4日よりふくや×西日本スポーツ新聞×山瀬理恵子の今日もアス飯の新番組がyoutubeにて開始。陶芸作家、廣川純、廣川みのり夫妻の福岡初個展を主催。共催は石橋工業株式会社、酒の器Toyoda 。 起塚学料理長の持久力アップ&疲労回復献立ランチメニューを監修。 特別講師に野菜ソムリエプロ西川昌代。(個展期間 2018年12月18日〜22日)

2019年
Nutrilite×レシピブログ×クッキングラムファイトアスリート飯全国キャンペーン6レシピ開発。(2019年2月27日まで)摂南大学農学部2020年4月開設スペシャルコンテンツインタビュー掲載。(江崎グリコ株式会社経営企画部代表 古屋敷隆、inaho株式会社代表 菱木豊、楽天株式会社農業事業部事業企画課代表 梅村周平、料理研究家 山瀬理恵子 )。 味の素「勝ち飯」CM出演及び勝ち飯3レシピ開発。伊予銀行CM出演。アサヒ飲料カルピス100周年3レシピ開発。カルビー株式会社47都道府県ご当地ポテトチップスラブジャパンプロジェクト2019年9月23日発売「九条ねぎおうどん味」商品開発京都プロジェクトチームに抜擢。愛知県奥三河地域の観光推進事業に携わる。(奥三河観光協議会主催新城市にてアス飯講演実施)

2020年
京都新聞読者情報誌「きらっと!京滋」2018年5月号より継続中。2019年3月より味の明太子ふくや専属アス飯youtube番組レギュラー継続中。(ふくやアンバサダー兼任)2019年8月より愛媛新聞「愛媛食材で愛あるアス飯」レシピ・コラム連載及び愛媛新聞・愛媛CATV共同事業企画番組「愛媛食材で愛あるアス飯 山瀬理恵子の行ってこ〜わい」レギュラー継続中。2019年10月より南海放送Beans(毎週土曜日正午放送)にて南海放送アナウンサー吉田奈央と「理恵子と奈央の今日からできるアス飯」料理コーナーレギュラー継続中。(2020年4月より吉田奈央アナウンサーから甲斐彩加アナウンサーへ)全国農業協同組合連合会愛媛県本部にて4月号より連載開始及びFM愛媛79.7MHz noonday pop番組内にて毎週木曜日12時05分頃からJA全農えひめpresents「山瀬理恵子のアス飯」レギュラーコーナー。(ラジオパーソナリティ山崎愛 協力 松山東雲女子大学・松山東雲女子短期大学)聖カタリナ大学講演(2020年5月22日予定は新型コロナウィルス 拡大の影響を受け中止となりました)広報とうおん2020年6月号より愛媛県東温市広報誌にて「山瀬理恵子のアス飯」連載が開始。海と日本PROJECT日本財団、総合海洋政策本部、国土交通省の旗振りのもとオールジャパンで推進するプロジェクト in愛媛県伊方町特産のしらすを使った簡単2レシピ考案。美的(BITEKI)7月号(小学館2020/5/22発売号)「力ごはん」企画 主菜、副菜2レシピ掲載。愛媛県新居浜市立船木中学校文部科学省研究事業アドバイザー就任及び2020年7月30日講演よりスタート。2020年8月19日よりFM愛媛79.7MHz JA全農えひめpresents「山瀬理恵子のアス飯」オンライン講座11月18日第4回終了( 協力:松山東雲女子大学・松山東雲女子短期大学)11月17日愛媛県庁知事報告会「はだか麦」2レシピ開発。(三浦工業株式会社 取締役会長 高橋 祐二 株式会社伊予銀行 常務取締役 山本 憲世 氏 株式会社愛媛銀行 常務取締役 豊田 将光  愛媛県信用農業協同組合連合会 代表理事理事長 井関 正志 全国農業協同組合連合会 愛媛県本部長 関岡 光昭 料理研究家 山瀬 理恵子 )

Profile

Announcer

山崎 愛(マナ)
Yamazaki Mana

生年月日 1987年6月27日 出身地:大阪府吹田市 資格:防災士・食育実践コーディネーター・ チャイルドケアコーディネーター 趣味/特技 スポーツ観戦(ラグビー・サッカー・ バスケ・高校野球など) 音楽鑑賞・映画鑑賞 料理(栄養学などを勉強中) 学歴:武庫川女子大学文学部 心理・社会福祉学科(心理学専攻)
実績(現在)【ラジオ】《FM 愛媛》『noonday pop』火・木曜日担当パーソナリティCM:万田発酵 HAKKO パーク ver 日産デイズ、日産ルークス愛媛ご当地、ハッピー薬局、ビージョイ ヘルシーウインナー
略歴:愛媛の民放テレビ局就職のため松山へ。退職後はフリーに転身。現在は、1男2女の3人の子育てをしながら、松山を拠点に県内外で活動中。趣味はスポーツ観戦(特に、サッカーとラグビーが好き。愛媛のプロ球団の試合は、結果のチェックはもちろん、現地での観戦も楽しみの一つです!絵本。(子ども達の為にとかこつけて、図書館に通ってはいろんな絵本を借りてます大人でも学ぶことの多い絵本の世界観が大好き!)メッセージ:子育て真っ最中の山崎愛です!大阪出身ではありますが、父方の祖父母は宇和島市出身(九島と市内)で、私のルーツはここにあると言っても過言ではありません。昔から大好きだったラジオのお仕事ができるなんて、ワクワクドキドキとても嬉しいです。聴いてくださるあなたに「よし!!頑張ろう!」と思ってもらえるような番組作りをしていきたいと思っています!お昼の一時にあなたの側にいられますように。

山崎愛インスタグラム
@mana.yamazaki.627
https://instagram.com/mana.yamazaki.627?igshid=1ml7cgoumwt8w

番組インスタグラム
@noonday_pop
https://instagram.com/noonday_pop?igshid=1kqvfegqiv8sd

器/関野ゆうこ 番組インスタグラムにレシピ @noonday_pop https://instagram.com/noonday_pop?igshid=1kqvfegqiv8sd

柑橘類にはルチン、ケルセチンのような一般的なフラボノイド、またヘスペリジン、ナリンギンのような柑橘特有のフラバノン、他の野菜や果実には見られないタンゲレチン、ノビレチンのようなポリメトキシフラボノイドがある。βクリプトキサンチンは日本のウンシュウミカンに特徴的に多く含まれているカロテノイド色素。(=プロビタミンA、キサントフィル類に属する。がんや循環器系疾患、糖尿病などの生活習慣病に対する予防効果など新たな生体調節機能が次々と明らかに)近年の欧米人を対象にした疫学研究からβ-クリプトキサンチンはカロテノイドのなかでも特に肺がんリスクの低減効果が認められたとする報告が相次ぐなど、β-クリプトキサンチンに際立った新たな生体調節機能が報告される。更にみかんに含まれる温め成分として注目を集めるのがヘスペリジン。皮や袋、白いスジの部分に多く含まれ、血管を拡張させ血流を良くし体を温める作用が。ヘスペリジンは皮の内側の白色の部分に最も多く含まれる。(皮と果肉の間にある中果皮。ヘスペリジンは「完熟みかん」よりも、熟していない「青みかん」に大量に含まれている)よって見た目を重視しなければ薄皮や筋丸ごといた方が健康へのお得感は満載。極早生の酸は愛媛名産の真鯛との相性が抜群。アレンジではドレッシングの上から食べる薬と呼ばれるスパイスのコリアンダーを加え、香り華やかな抗炎症作用をプラス。ドレッシングが余った方は魚介系を煮出したスープの仕上げに一振りしてください。更なる美味料理が誕生するでしょう。

京都新聞読者情報誌連載「きらっと!京滋」11月号 山瀬理恵子のアス飯®︎レシピ 「アス飯的きのこオムレツ」掲載のお知らせ!


2014年にスタートを切った毎週火曜日発売、京都新聞朝刊ジュニアスポーツ面アス飯連載時代から合わせますと、京都新聞さんとはもう7年もの長いお付き合いになりました。遠方よりたくさんの方に支えていただいております。いつも本当にどうもありがとうございます。感染症対策等で一気に注目を浴びた今ホットな栄養素、化学構造から天然のステロイドホルモン(体内の炎症を抑える)とも言われるビタミンD2、D3の補充と、そこに纏わるミネラルの吸収を促す食材を丁寧に繋げていくことを意識。ビタミンDは筋肉や骨の質や量を保つ役割に加え、全身の組織を正常に機能させる働きから、免疫調整、脳や神経機能の維持(精神疾患予防)糖尿病予防など、ほぼ全ての生理学的機能に影響を与えるビタミン。不足するとあらゆる体調不良やパフォーマンス低下を引き起こします。同じくSOD(抗酸化酵素)の必須構成成分で免疫調整に関わる亜鉛とビタミンD3を手軽に摂取できる卵、直ぐにエネルギーとなる中鎖脂肪酸を用い、野菜の中でトップクラスのビタミンCを持つパセリを仕上げにふって、身体を頑丈にガードするオムレツに仕上げました。アレンジではお世話になっている姫野友美Dr.からご教示いただいたことをミニコラム化。あなたの投稿を募集しています。アス飯レシピを実際に作ってみたという方は、ぜひ写真をお寄せください。 抽選でご感想とともに、誌面掲載をさせていただきます。氏名、掲載用ペンネーム、電話番号、お住まいの市町村名、年齢、性別、感想(50字程度)を記載の上、メールタイトル 「アス飯レシピ2020年11月号投稿」で、メールアドレスkiratto@kyoto-pd.co.jp まで送信ください。たくさんのご応募お待ちしております。問い合わせ 京都新聞出版センター TEL:075-241-6192 受付時間:土日祝・年末年始を除く10:00-17:00 https://kyoto-pd.co.jp/products/detail.php?product_id=2084  器/松村 英治 Matsumura Eiji

味の明太子のふくやpresents 山瀬理恵子のアス飯!YouTube 32本目「秋のスパイス特集第3弾!チャイ風スパイシー点滴」

愛媛県東温市広報紙連載「山瀬理恵子のアス飯」10月号掲載!

 

【サッカーダイジェストweb「今の彼が一番好きです」偉業を達成した山瀬功治と、鉄人を支えた姉さん女房の物語 2020年9月25日Yahoo!ニュース掲載!取材・文 河野正】


取材・文  河野正 浦和レッズ全身三菱自動車時代の90年から06年10月に埼玉新聞社を退社するまで浦和レッズの番記者を務め、07年からフリーランスとなり、専門誌などに多数寄稿。

京都新聞読者情報誌連載「きらっと!京滋」10月号 山瀬理恵子のアス飯®︎レシピ 「旬果のアスリート団子」掲載のお知らせ!


敷板/漆芸家 山田果林「朧銀塗」

秋の夜長、旬の果物を使ったアス飯 風団子でお月見を楽しみませんか?

インド伝統医学のアーユルベーダ、漢方、民間療法と多様に用いられているスパイスの王様、クスノキ科のシナモン。カレー、パイなどの菓子類、紅茶、ラムやワインといったアルコール類にも頻繁に用いられる。消化機能を促し血液の循環を良くすることから、食欲不振や消化不良、吐き気、鼓腸、風邪や咳、発熱など、身体への作用を利用した生薬として医食多方面で利用される。精油の主成分は甘くスパイシーな化合物のシンナミックアルデヒド。(抗炎症、抗酸化)ここにバルサム様の香りの酢酸シンナミルや独特のクローブ臭を持つオイゲノール(クローブ特有のスパイシーノート。ローズやジャスミンなどの花精油に含まれる。鎮痛、抗炎症、抗菌、麻酔効果)などが調和して出来る香りである。シナモンの主要成分はポリフェノール類。抗がん、抗酸化、鎮痛、抗炎症、抗菌、消化不良、むくみの緩和、解熱、血管修復、婦人科系の生理の悩みなど多数。血糖調節作用のあるプロシアニジン類はアルコール濃度の高い溶媒での抽出が適している。果物や蜂蜜との相性が良く、ここに風邪予防の最強タッグ、皮部分に多く含まれる免疫細胞の白血球を増やす生の生姜のジンゲロール をプラスし免疫力を調整。更に脳の前頭前野に働きかけるプレバイオティクス食材を用い、旬の梨や林檎を皮ごとすりおろしてお団子にしたハーモニー。アレンジではカカオマスが主原料のココアパウダーを用い、ミネラル強化とチョコレートのような風味をプラス。ここにナッツ類をトッピングすることで、ゴマリグナンとの相乗効果が期待でき、また別の食感も愉しめる。2020年秋の新しい味覚発見に是非ご利用ください 器/松村 英治 Matsumura Eiji

味の明太子のふくや「山瀬理恵子のアス飯vol.31」秋のスパイス特集第二弾!「きのこの明太アヒージョ」


2020年9月26日愛媛新聞アス飯連載発売!愛媛食材で愛あるアス飯 山瀬理恵子の行ってこ〜わい第14回「松山長なすのナシドレッシングあえ」愛媛新聞on-line、愛媛CATVにて絶賛放映中!


植物療法でのごぼうは排毒・血液浄化系のメディカルーブとして湿疹や腫れもの、ニキビなどの皮膚病、リウマチや通風予防に用いられる。(利尿や緩下、利胆目的)カルシウムや亜鉛、鉄などのミネラルも多く含み、先端の皮、根の皮、中央の皮の順に鉄分が豊富。不溶性のリグニン、水溶性のイヌリンなど多くの食物繊維を含み、注目は血中の中性脂肪低下や血糖値コントロールなどの生活習慣病予防に役立つ水溶性食物繊維のイヌリン。イヌリンは腸内細菌の資化性も高く利用される。脂肪の蓄積を防ぐフェニルプロバイド類のクロロゲン酸(抗酸化作用、抗老化作用を持つポリフェノールの一種。ポリフェノール含有量トップは根の皮部分)は水に対する溶解性が高く、ハーブティーでも抽出が出来る。多くは皮に含まれる為、皮はむかずにたわしなどで優しく洗うと出来る限り損失少なく摂取できる。今回はパスタに絡ませるためささがきにしたが、皮ごとの輪切りでスリミング作用が期待できるポリフェノールやカルシウム、マグネシウムなどミネラルの残存率が高くなる。シナモンの香気成分であるシンナムアルデヒド、アニスやフェンネルの香気成分のアネトール、クローブのオイゲノール、オイゲノールがβー酸化して生成したバニリンのバニラの香りなど、フェニルプロバイド類はスパイス系に多い。(植物精油化学の師匠「森の香り・里の香りコンシェルジュ」講師 長島司著書「植物成分と抽出法の化学 目的の成分を効率よく抽出するための」)ごぼうには独特なミネラル感、土のようなニュアンスがある。特徴的な味わいはうまみ、コク、酸味、えぐみ。ゴボウの香り成分と考えられるものとしてメトキシピラジン類、フェニルアセトアルデヒドや脂肪族アルデヒド類、セスキテルペンラクトン類が含まれる。(参考:日本農芸化学会誌 59(4), 389-395, 1985)主な香気成分のメトキシピラジン類が一部の赤ワインにも含まれていることから、ゴボウをすりおろして煮込み料理などに使うと煮詰めたワインを入れたようなコクを足すことができる。以前PHP研究所で巻頭カラー表紙に抜擢されたトマト料理にはこのような理由からすりおろしごぼうをアクセントに入れた。スープベースに使用したり、鶏や牛などの食肉、ワインだけでなくウィスキーなどのアルコールとも相性が良い。ナス科トウガラシ属甘味種のシシトウは紫外線対策となる抗酸化物質が豊富。ピーマンのわたや種にも含まれるピラジンを余すことなく利用することで毛細血管の血流を促し、抜け毛対策、血栓予防に利用。試作では北海道の両親が育てる青唐辛子を小口切りにして使った。ぴりりとした辛味としっかりとした苦味が甘辛な味付けによく合いこれまた絶品である。生姜は皮部分に多く含まれる免疫細胞の白血球を増やし免疫力を調整するジンゲロールを加熱し、ショウガオールに変化させ、血行を促したり、脂肪や糖代謝を促進させる。生姜は食べ物の消化吸収を高めるので夏の疲れの出る今時期にも持ってこいの伝統医療でも使用される植物だ。収録では祇園 原了郭さんの黒七味(白ごま、唐辛子、山椒、青のり、けしの実、黒ごま、おの実)をふり、鼻に抜けるような豊かな香りと奥深い香り、ピリ辛さのハーモニーを繋いで仕上げた。鶏、ごぼう、生姜を組み合わせた混ぜご飯は夫の後輩選手に非常に人気。あっという間に無くなる我が家の定番料理である。

2020年8月19日10時30分よりFM愛媛79.7MHz & JA全農えひめpresents「山瀬理恵子のアス飯オンラインスクール」FM愛媛本社より配信!

京都新聞読者情報誌連載「きらっと!京滋」9月号「山瀬理恵子のアス飯®︎レシピ」掲載のお知らせ!


精進料理に欠かせない長期保存が可能な優秀食材の高野豆腐やひじき、両親媒性で主として赤血球に分布。炭素、水素、酸素で構成され、強い抗酸化力を示すキサントフィル類(カロテンの両端にある環に酸素分子がついたもの。官能基の種類により色が変化)摂取目的で利用した赤パプリカ、DHEA食材の長芋、高栄養緑黄色野菜のツルムラサキを使った副菜アイディアレシピ。食感に変化をつけました。口の中で楽しめるでしょう。器:田上雅彦/MASAHIKO TANOUE https://www.hico-design.com/about-me minaniwa / glass ware× sobi blanding ,小尾野香織,大阪吹きガラス工房, makuake

 

文部科学省研究事業「早寝・早起・朝ごはん」愛媛県新居浜市船木中学校講演2020年7月30日無事終了!

愛媛県松山市農業協同組合「広報だいち8月号」作成協力掲載!



味の明太子ふくやYouTubeは「子どもたちと一緒に作るアス飯」27本目!


愛媛県東温市広報紙連載「山瀬理恵子のアス飯」8月号掲載

愛媛新聞・愛媛CATV共同事業企画「愛媛食材で愛あるアス飯第12回目は内子町のブルーベリー


味の明太子のふくやYouTube26本目!新作配信開始!

2020年7月11日放送無事終了!南海放送Beans  FUJ I presents レギュラー料理コーナー「山瀬理恵子の今日からできるアス飯」(出演者:南海放送アナウンサー 甲斐彩加・料理研究家 山瀬理恵子「抗疲労アンチエイジングスープ」

京都新聞読者情報誌「きらっと!京滋」8月号連載「山瀬理恵子のアス飯®︎レシピ」掲載のお知らせ


撮影/山瀬理恵子
夏のダメージをリカバリーする飲む点滴、米麹甘酒他3素材しか使わないシンプルな冷製チャージスープ。胚芽まで生かして栄養を余すことなく。朝食にいかがでしょう。あなたの投稿を募集しています。アス飯レシピを実際に作ってみたという方は、ぜひ写真をお寄せください。 抽選でご感想とともに、誌面掲載をさせていただきます。氏名、掲載用ペンネーム、電話番号、お住まいの市町村名、年齢、性別、感想(50字程度)を記載の上、メールタイトル 「アス飯レシピ2020年6月号投稿」で、メールアドレスkiratto@kyoto-pd.co.jp まで送信ください。たくさんのご応募お待ちしております。問い合わせ 京都新聞出版センターTEL:075-241-6192 受付時間:土日祝・年末年始を除く10:00-17:00 黒呉須化粧 スープ丸マグ作家 八木橋 昇  スプーン作家 加藤良行 オリーブ板 TODAY’S SPECIAL

著書/『アス飯レシピ アスリートの体をつくる、おうちごはん』(2017年8月出版)ご購入がこちらをクリック


「アス飯レシピ」を京都新聞出版センターより2017年8月発売。【企画:塚本宏・岡本壮・国貞仁志(京都新聞社)動画編集:龍 太郎(京都新聞社)編集・構成:山形恭子(オフィスK)装丁・デザイン:佐野佳菜(いろいろデザイン)DTP:今岡弓子(京都新聞印刷)】

愛媛県東温市「広報とうおん7月号連載 山瀬理恵子のアス飯」掲載!

【2020年6月27日、いよいよ Jリーグが再開!愛媛新聞、愛媛CATV共同事業企画 「愛媛食材で愛あるアス飯 山瀬理恵子の行ってこ〜わい」愛媛新聞連載アス飯第11回目、伊方産の心身バランスアップ丼】

小学館美的.COMに登場!



美的7月号掲載 撮影/福田喜一 スタイリスト/シダテルミ 調理/美才治真澄 撮影協力/UTUWA 協力/齊藤美伽 構成/むらなかさちこ、加藤絢子(本誌)

『山瀬理恵子の今日もアス飯』Vol.25~火を使わない簡単おつまみ!アウトドアdeホットエンペラー~新作公開!

2020年6月南海放送Beans  FUJ I presents「山瀬理恵子の今日からできるアス飯」(出演者:南海放送アナウンサー 甲斐彩加・料理研究家 山瀬理恵子「鯛と長いものリフレッシュそう麺」

料理撮影/山瀬理恵子
そうめんの季節が到来。夏場は喉越しの良いツルツルとした麺類などの糖質に偏りがちに。糖質をエネルギーに変えたり、消化を促す栄養食材をプラスした手軽で簡単に出来るアス飯へ劇的改善していく。器作家 池田 優子|Yuko Ikeda   1973年大阪市生まれ。アメリカ・プラットカレッジ サンディエゴ校 グラフィックデザイン科 修了。帰国後、独学で作陶をはじめ、自宅ガレージのアトリエで制作を続ける。器紹介店舗 @stroll_store うつわと生活道具 STROLL( 所在地は愛媛県松山市)

 JA全農えひめ 2020年6・7月号 第2回連載公開

 

 

味の明太子のふくやYouTube 山瀬理恵子の今日もアス飯Vol.24 復活和え」2020年6月12日公開!


京都新聞読者情報誌「きらっと!京滋」7月号連載「山瀬理恵子のアス飯®︎レシピ」掲載のお知らせ

夏バテ対策と免疫力強化が一気に叶うレシピを考案。あなたの投稿を募集しています。アス飯レシピを実際に作ってみたという方は、ぜひ写真をお寄せください。 抽選でご感想とともに、誌面掲載をさせていただきます。氏名、掲載用ペンネーム、電話番号、お住まいの市町村名、年齢、性別、感想(50字程度)を記載の上、メールタイトル 「アス飯レシピ2020年6月号投稿」で、メールアドレスkiratto@kyoto-pd.co.jp まで送信ください。たくさんのご応募お待ちしております。問い合わせ 京都新聞出版センターTEL:075-241-6192 受付時間:土日祝・年末年始を除く10:00-17:00

 

愛媛新聞、愛媛CATV共同事業企画アス飯「免疫力アップのパワフルタッグそば」2020年5月27日公開!


(主要構成:たんぱく質、ビタミンD3、マグネシウム、亜鉛、セレン、ビタミンC)長ネギ(イソアリシン、イヌリン型フルクタン)にんにく(アリシン)生姜(ジンゲロール)わかめ(フコイダン)ブロッコリー(スルフォラファン)人参(βカロテン )舞茸(βグルカン)アーモンド(亜鉛、マグネシウム)緑茶(エピガロカテキンガレート)その他、抹茶甘酒ヨーグルト、即席梅味噌生姜緑茶を紹介 抹茶(テアニン)

海と日本PROJECT 日本財団、総合海洋政策本部、国土交通省の旗振りのもとオールジャパンで推進するプロジェクト  in愛媛県伊方町特産のしらすを使った簡単2レシピ考案 2020年5月23日南海放送beansにて放送!


「免疫力アップ!ネギ味噌生姜、ぶっかけ緑茶漬け」

日本が誇る伝統食材を数多く用いて、免疫調整の可能性のある栄養素(主要栄養素はたんぱく質、ビタミンD3、ビタミンC、亜鉛、マグネシウム、セレン。その他、多数な植物化学成分であるフコイダン、ジンゲロール、イソアリシン、エピガロカテキンガレート等)で構成。

京都新聞読者情報誌「きらっと!京滋」6月号連載「山瀬理恵子のアス飯®︎レシピ」掲載のお知らせ

オメガ3の宝庫、青背の魚、アジを主役とし、食材同士の相性を生かしたスパイシーでダイナミックなレシピを考案。アジに豊富なセレンはオメガ3の酸化を防ぐのに役立つなど重要な抗酸化酵素の材料となり、また解毒ミネラルでもあります。セレンはマグネシウムを細胞内に留まらせるのをサポートする役割が。このレシピではビタミンD2、D3の両方を体内に取り込み、更に豊富なフィトケミカル(香り)を駆使してミネラルの吸収を高める構成を組みました。 
味の明太子のふくやYouTubeアス飯 Vol.22「スナップエンドウと小松菜のおひたし」5月8日、新作配信開始

味の明太子のふくやYouTube 21本目「牡蠣と人参のスキンエイジングパスタ」4月24日新作配信開始

今回のテーマはアスリートが意識して摂取する重要ミネラル亜鉛について。たんぱく質の合成、細胞の新生のみならず、免疫とも密接に関わります。摂取法にコツがありますので合わせてご覧ください。器作家【PROFILE】林拓児/TAKUJI HAYASHI 器紹介店舗 うつわと生活道具 STROLL  http://stroll-store.com  (愛媛県松山市)

令和2年度愛媛銀行寄付講座 聖カタリナ大学公開講座「風早の塾」第1部の中止について

後援 愛媛県、愛媛県教育委員会、松山市、伊予市、松山市教育委員会、愛媛県看護協会、愛媛県社会福祉協議会、松山市社会福祉協議会、愛媛県社会福祉士会、愛媛県精神保健福祉士会、愛媛県医療ソーシャルワーカー協会、愛媛県介護福祉士会、愛媛県スポーツ協会、松山市スポーツ協会、愛媛新聞社、南海放送、松山市文化・スポーツ振興財団、愛媛FC

FC  GOLAZO Maizuru Fukuoka City
アス飯オンラインスクール第1回目無事終了!

2020年5月20日(水)19時〜20時(質疑応答15分)聴講対象 中学1年生〜3年生・保護者(計60名)

4月22日公開! 山瀬理恵子の行ってこ~わい第9弾!愛媛新聞、愛媛CATV 共同事業企画 愛媛食材で愛あるアス飯!「食べるアスパラ栄養ドリンク」(西条市)

味の明太子のふくやYouTube 20本目「真鯛と八朔の錆びないカルパッチョ」新商品発売です

【京都新聞読者情報誌「きらっと!京滋」連載 山瀬理恵子のアス飯レシピ5月号 野菜とフルーツのアスリートかき揚げ掲載のお知らせ】
老化の要因となるAGE対策、またウエイト管理や怪我をしている部位の痛みを助長させないなどの様々な理由があり、夫が大怪我をしてからの約20年間、年に1〜2回程度しか揚げ物を口にしてこなかった我が家。(自宅では春先に山菜の天ぷらをしたくらいの記憶しかありません)揚げ物で糖化対策や栄養の吸収率を考えるレシピを試作。タレに黒酢を用いてAGE調整しています。器は菊間瓦、タレに使ったのは京都時代に駒井選手からいただいた山科清水焼団地。

【3月27日公開!味の明太子のふくや!YouTubeアス飯18本目!ふくや流、橙参鶏湯(サムゲタン)】

Profile
Announcer(セントフォース)吉田奈央Yoshida Nao

生年月日:1987/09/03 身長:155㎝ 出身地:福岡県 血液型:O型 星 座:乙女座 学歴:明治大学経営学部公共経営学科卒 趣味:ミュージカル鑑賞、ヨガ 特技:お菓子作り、アルトサックス 資格:スキューバダイビングライセンス南海放送入社年 2018年 担当番組 テレビ「News Ch.4」(木・金/Ch.ウェザー) 「Beans」(土/11:55~) 「大好き!まつやま 温故知新を解き明かせ」(火/20:54~)めざましテレビ(フジテレビ) – コーナーレギュラー、Jリーグアフターゲームショー(スカパー!Jリーグ速報番組) – 進行キャスター、ボビー’s スタジアム(テレビ埼玉) – レギュラーパートナー、満足! トレンドナビ(BS-TBS) – リポーター、GOGOMONZ(FM NACK5) – パーソナリティ(2016年10月3日 – 2017年3月16日:出演は2017年3月2日まで)朝イチマーケットスクエア 「アサザイ」(2014年7月2日 – 2015年3月25日、ラジオNIKKEI第1放送) – アシスタント

3月20日愛媛新聞連載発売!山瀬理恵子の行ってこ~わい第8弾!愛媛新聞、愛媛CATV 共同事業企画「イチゴソースの彩りサラダ(大洲市)


アス飯ではイチゴに含まれるポリフェノールの一種、強い抗酸化作用のあるアントシアニンが、網膜に存在するロドプシンの分解と再合成を助ける働きから、目を保護する可能性のある栄養素に注目。網膜の黄斑部、中央に多く存在するカロテノイドのキサントフィル類、ゼアキサンチンと、黄斑部の周辺に多く存在する同じくキサントフィル類のルテインに意識。これらカロテノイドは生体内で合成されず、野菜や果物からの摂取が必要。その他、血流を促すオメガ3、毛様体筋の疲労を和らげ視機能向上が認められるアスタキサンチン、体内でビタミンAに変換され、粘膜を正常に保つ働きが期待できるカロテノイドのカロテン類、βカロテンも豊富なイチゴソースの彩りサラダを考案した。

【3月14日公開!味の明太子のふくや!YouTubeアス飯18本目!鎮静サラダ】

京都新聞読者情報誌「きらっと!京滋」連載!山瀬理恵子のアス飯レシピ4月号 あさりと桜エビのリゾット掲載!

4月は美しいグラデーション。爽やかな香りで身体をパワフルに整えてくれる桜色リゾットです。この回は、カロテノイドのキサントフィル類寄りの構成に。オリーブ油使いで吸収率を改変しています。アレンジでは蕗の薹やウド、クレソン、筍、木の芽など、春ならではの他を持ち上げる香り食材がよくマッチするでしょう。仕上げにフレッシュな角切りトマトを散らし、活力の出る赤色を奏でるも良し。ターメリックやサフランを利用して黄金色にするも良し。魚介の代用として、今時期ならではのみずみずしい新玉ねぎを利用し、豚肉にこんがり焼き色をつければより一層美味しさが引き立つはず。グアニル酸を加算できるうま味の宝庫、キノコ類はいかがでしょう。

鬼北のキジ肉と春の味覚コラボ 山瀬理恵子の行ってこ~わい第7弾 2月19日より絶賛公開中!

【2月28日公開!味の明太子のふくや!YouTubeアス飯17本目!ひな缶とりんごみぞれの野菜鍋】

早田ひな選手の応援特設ページはこちらから!ふくやさんは早田ひな選手応援商品の売上の一部を早田ひな選手への応援金として寄付しています!




京都新聞朝刊毎週火曜日連載(2014年〜2017年)レシピ&コラム連載を書籍化「アス飯レシピ」。スポーツ栄養に特化したレシピ、栄養解説、料理photo、原稿の全てを自身で担った初著書。企画:塚本宏・岡本壮・国貞仁志(京都新聞社)動画編集:龍 太郎(京都新聞社)編集・構成:山形恭子(オフィスK)装丁・デザイン:佐野佳菜(いろいろデザイン)今岡弓子(京都新聞印刷)※ご購入はこちらのURLをご利用ください。

京都新聞読者情報誌「きらっと!京滋」連載山瀬理恵子のアス飯レシピ3月号 春野菜の塩こうじパスタ掲載!

3月号は夫の大好物を春野菜を使ってアレンジ。血液循環を促す食材や目の健康に役立つ食材をプラスし、アレンジコラムもバリエーション豊かに仕上げています。

【2月14日公開!味の明太子のふくや!YouTubeアス飯16本目!お好み野菜のみかん丸ごとオーブングリル!】


乳製品 (#東温 市):生産者団体の県酪農業協同組合連合会と加工販売の四国乳業が「らくれん」ブランドで販売。県内の酪農家は96戸。東温市の工場では牛乳41種類、乳飲料19種類、ヨーグルトなどの発酵乳57種類など計141種類を製造している。注目は愛媛大と共同研究「エヌプラス ドリンクヨーグルト」。ヨーグルトとミカンの果皮に含まれる成分が花粉症などのアレルギー症状を緩和するという。「8020(はちまるにいまる)ヨーグルト」も広島大との共同研究から生まれた。番組では愛媛FCレディースの2選手と共に工場を見学。アス飯は酪農家の皆さんの生クリームを使用した濃厚なクリームシチューを、らくれんの牛乳と東温市が推奨する麦味噌を用い、強力な抗酸化物質アスタキサンチンを生かした和の怪我回復味噌汁へと改変させた。

風邪対策!味の明太子のふくや

京都新聞読者情報誌連載!2020年2月号山瀬理恵子のアス飯®︎レシピ「酒粕鍋風うどん」掲載のお知らせ!


2月号は冷えた体を芯から温めてくれる鍋風料理。古くから粕汁、甘酒、粕漬けなどで日本の食卓を支えてきた独特なコクとうま味を持つ発酵食品の酒粕にスポット。注目のレジスタントプロテイン、排毒や血液浄化作用を持つ根菜、戻し汁に特有成分の流れ出るきのこを始め、細胞の新生に役立つ魚介類を用いてうま味を利用し、栄養価と味を整えてみました。アレンジに相乗効果のある食材や、更に香りを生かした食べ方を入れております。そちらも合わせてご覧いただけましたら幸いです。



京都新聞読者情報誌 きらっと!京滋連載!2020年1月号 山瀬理恵子のアス飯®︎レシピ「たっぷり冬野菜の梅醤番茶葛あん」掲載のお知らせ!

祝!素根輝選手が史上最速で柔道東京五輪出場内定決定!

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/11/24/kiji/20191124s00006000471000c.html

ふくやYouTubeお節料理「洋風紅白なます」「フルーツきんとん」新作配信開始!

2020年4月摂南大学農学部開設〜食と農を基点に新時代を切り拓く〜スペシャルコンテンツインタビュー 

京都新聞読者情報誌 きらっと!京滋12月号連載「山瀬理恵子のアス飯®︎レシピ」掲載のお知らせ!

きらっと!京滋12月号は、冬に抗酸化力が高まる野菜をたっぷり使い、タレを含めた全ての食材と調味料が意味を持つようにバランスを整えた1品。アレンジの七変化も楽しめるレシピです。北海道の実家は農業を営んでおり、記憶を持ち始めた頃から大豆や小豆、ビート、ジャガイモ、ミニトマトなど、様々な野菜を栽培していましたが、私が高校生くらいの時だったでしょうか?試験的に長ネギを育て始めた

のです。年頃で、同級生の男子に「ネギ畑!」と言われる度にとても恥ずかしかった記憶があります。しかし長ネギの持つ美味しさ、素晴らしさを知り、結婚して実家を離れた今でも、長ネギの使用頻度がとても高い我が家。脇役ではなく主役、御馳走になもなれる素晴らしい野菜です。

2019年11月30日南海放送Beans レギュラー料理コーナー「アス飯」放送!(出演者:南海放送アナウンサー 吉田奈央・料理研究家 山瀬理恵子)


赤血球を作るヘモグロビンの材料で酸素を体の隅々(筋肉など)まで運んでくれる鉄。不足すると持久力の低下に繋がります。鉄は肩こりや冷えにも関わるアスリートは特に不足しやすいミネラル。レシピ構成にコツがあり、鉄の吸収率を高め、仕上げにトッピングするかつお節まで意味を持たせるよう調味料を含めた全食材を繋いでいます。アブラナ科の解毒系抗酸化物質イソチオシアネートを含む旬野菜を用い、細胞膜の親和性が高く赤血球を守る食材を選択。このテーマでは瞬発力にも関わる水溶性のビタミンB群、鉄の吸収率を上げるビタミンCも生かしたいので、水菜だけは火を入れず生のままシャキシャキの状態で仕上げています。食感もとても良いです。(赤パプリカのビタミンCは加熱に強い特徴)その他の食材がオリーブ油調理の為、水菜に含まれるβカロテンの吸収率もアップできることがメリット。水菜は鍋、漬物だけでなく、サラダなど生食としてお手軽にいただける、優秀なアンチエイジング食材です。

京都新聞読者情報誌 きらっと!京滋11月号連載「山瀬理恵子のアス飯®︎レシピ」掲載

愛媛CATVインタビュー「キャッチ」掲載(オンエアは11月1日〜11月末まで)

カルビー株式会社「ラブジャパンプロジェクト」2019年9月23日より発売!「九条ねぎおうどん味」47都道府県商品開発京都プロジェクトチームに抜擢!(企画会議は京都府庁)



愛媛新聞連載「アス飯」第3回発売!(10月19日)

2019年9月19日講演無事終了 アス飯✖️「奥三河観光協議会」(愛知県観光推進事業)

(東愛知新聞社会面に掲載いただきました)

(東日新聞にスポーツ面に掲載いただきました)

 




スポーツマガジンE-dge9|10月号掲載!

「サッカーマガジンZONE」2015年1月号掲載「山瀬家の食卓」文:北健一郎 写真:松川智一

【京都新聞読者情報誌「きらっと!京滋」山瀬理恵子のアス飯レシピ連載2019年10月号掲載のお知らせ】


この度、愛媛新聞社からオファーをいただきまして、愛媛CATV社共同事業、愛媛産農林水産物活性化を目指し、アス飯ロケ番組及び愛媛新聞紙面連載が連動開始されますことをここにご報告致します。

伊予銀行CM撮影無事終了!


味の兵四郎マガジン8月25日「おつまみアス飯」新作公開! 文・料理レシピ開発 山瀬理恵子 企画・構成・編集・料理撮影 横手佑樹

味の明太子のふくや新作「秋のエナジーチャージパスタ」YouTube番組へ展開

テレビ番組レギュラー2019年10月よりスタート!

【京都新聞読者情報誌「きらっと!京滋」山瀬理恵子のアス飯レシピ連載2019年9月号掲載のお知らせ】

猛暑で食欲が無い時。連戦でしっかり食べて貰いたい時。さっぱり感の中にインパクトがあり、夫から好評だったハーブ寿司。我が家では普段の酢飯でも、お酢だけでなく、柑橘類などの果物や野菜の酸をふんだんに利用。(同じ酸でも全く別の風味や栄養価を持つため)そこにプラスして、様々な栄養価の高いハーブを用います。今回のレシピでは黒酢、すだち、渋みと甘みが特徴、華やかで上品な酸を持つ白ワインビネガー、ミニトマトの4つの酸を利用しました。生鮭と相性良いタイムやオレガノ、黒胡椒、七味などのハーブやスパイスを用い、にんにくや茗荷などの薬効の高い食材、舞茸の旨みをプラス。抗糖化作用&食欲増進作用を期待し構成した酢飯レシピです。チームメイトの下川陽太選手ファミリーが我が家にご飯を食べに来てくれた時にも食卓へ出しました。

https://yamaserieko.cookpad-blog.jp/articles/436183  

作り方、詳しい栄養説明、アレンジは是非紙面にてご確認ください。あなたの投稿を募集しています。アス飯レシピを実際に作ってみたという方は、ぜひ写真をお寄せください。 抽選でご感想とともに、誌面掲載をさせていただきます。氏名、掲載用ペンネーム、電話番号、お住まいの市町村名、年齢、性別、感想(50字程度)を記載の上、メールタイトル 「アス飯レシピ9月号投稿」で、メールアドレスkiratto@kyoto-pd.co.jp まで送信ください。たくさんのご応募お待ちしております!

ふくやYouTubeアス飯番組新作配信開始!

味の素「勝ち飯」CM、南海放送にて放送!(スポーツシーン別に3レシピ考案、3収録 2019年8月4日まで)

歴代2位の大記録、20年連続ゴールを達成!愛媛FCで奮闘する山瀬功治の新たな野望

347A5989

アス飯レシピ400冊が滋賀県内の全小中高、特別支援学校の計404校に優良図書として寄贈されました!

アス飯レシピ200冊がTRC図書館流通センターにより全国の図書館へ !

味の明太子のふくや新作YouTube配信開始!

2019年度より、味の明太子のふくや、アンバサダー就任!

京都新聞読者情報誌 きらっと!京滋8月号連載「山瀬理恵子のアス飯®︎レシピ」掲載のお知らせ

灼熱の太陽から身を守る栄養素が凝縮された滴る汗に負けないタッグレシピで構成しました。野菜や果物、ハーブやスパイスといった植物性食品に含まれる植物化学(フィトケミカル=植物が身を守るために作り出した成分)は多様な抗酸化成分が含まれていますが、それらはネットワークを組んで相乗効果を発揮。植物療法では単一成分ではなく植物を丸ごと摂取することがセオリーに。人間には作り出すことのできない植物の力を体内に積極的にとりいれていくことで、夏バテを事前予防していきます。

 

全国各地よりたくさんのご注文、ありがとうございました!

5月4日(土)に行われました明治安田生命J2リーグ 第12節 大宮アルディージャ戦にて、山瀬功治選手がJリーグ歴代2位となる20年連続ゴールを達成いたしました。2000シーズンのデビューから長きにわたり第一線で活躍してきたからこその大記録です。山瀬選手の今後のますますの活躍を期待するとともに、今回の記録をお祝いする記念グッズを受注販売いたします。さらに!ご購入いただいた方には、山瀬功治選手メモリアルブロマイドもプレゼント♪

※受注生産のため製作期間をいただき、お渡しは7月下旬を予定しております。

京都新聞読者情報誌 きらっと!京滋7月号連載「山瀬理恵子のアス飯®︎レシピ」掲載のお知らせ

大好物だった母お手製のトマトサラダをつけ麺風にアレンジ。灼熱の太陽に負けないスタミナアップレシピを考案しました。夏場の栄養・水分補給の主役に持ってきたのはトマトと柑橘。ここに、香り成分を生かす食材をプラスしました。旨味の相乗効果を利用し栄養価アップのお出汁を合わせて。アレンジでは付け合わせの野菜、薬味やトッピング食材のご提案。細やかな栄養素の繋ぎなどは是非紙面にてご確認ください。


ふくや×山瀬功治プレゼンツ!20年連続ゴール記念スペシャルプレゼント企画!皆様からのメッセージはこちらから

テーマ:「ストレス軽減」「新生活応援」新生活がスタート。家族や友人と離れ離れになりふと寂しさを感じる瞬間も多い繊細な月。ストレス軽減が期待できる、鼓舞をテーマにしたレシピで構成します。神経伝達物質をスムーズに運ぶために欠かすことのできないミネラルや相互補完の関係性にある栄養素に注目。アミノ酸の一種、アスパラギン酸(エネルギー源として利用されやすく、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルを細胞内に効率よく取り込む。ビタミンDとカルシウムだけでなく、ビタミンDとマグネシウムの関係性にも大注目。リカバリーや疲労回復効果に期待)やポリフェノールの一種、フラボノイドに属するルチン(毛細血管の強化、血流促進)を含む、これから旬を迎えるアスパラガスを利用しました。一人暮らしを始めたばかりの学生さんも多いと思いますので、手軽に安く作ることのできる、初夏向けの1品に仕上げています。


●ふくや×西日本スポーツ新聞×山瀬理恵子のアス飯福岡版ラスト公開!ロングインタビュー必見!

●京都新聞読者情報誌「きらっと!京滋」山瀬理恵子のアス飯®︎レシピ連載2019年6月号掲載!


継続摂取が推奨される抗疲労成分のイミダゾールジペプチド(脳に届く抗酸化物質。最も効率的に摂取できる可能性は30分じっくり煮込み、スープごと、丸ごといただく方法。ビタミンCと一緒に摂取が相乗効果で◎)が豊富に含まれることで近年話題の、鶏の胸肉を使った、朝からエネルギーチャージ出来るレシピを考案。栄養素で繋ぎ、紙面は出来るだけシンプルに上げましたが、冷蔵庫のあらゆる野菜がたっぷり使え、スパイスでもバリエーションを無数につけられるレシピ。アレンジも補足でつけておきましたので、紙面にてご確認ください。

●京都新聞読者情報誌「きらっと!京滋」山瀬理恵子のアス飯レシピ2019年5月号掲載


グリセミック指数を用いた素早いエネルギー補給について。皮が柔らかくみずみずしい食感の新ジャガ、えんどうなどの旬。食材同士が相乗効果。目的に向かって手を繋いでいきます。手軽なサラダへとアレンジが可能。レシピ構成に沿った代用食材や更に強化できるプラスα栄養素及び食材を解説しています。

『山瀬理恵子の今日もアス飯』はバレーボール元日本代表の宝来麻紀子コーチが登場!

京都新聞読者情報誌「きらっと!京滋」山瀬理恵子のアス飯連載2019年4月号のお知らせ

紙面では2019年の居住地愛媛県名産縁起食、春の風物詩の鯛や柑橘類、またアブラナ科の野菜の植物化学にスポット。冬の厳しい寒さに耐え抜いた春野菜には栄養分が凝縮。菜の花やふきのとう、たらの芽やウドなどの苦味成分、植物性アルカロイドも上手に食卓へと利用し、香り高い春食材で、冬の間に溜まった老廃物や脂肪をしっかり外に押し出していきましょう。我が家ではジュニパー精油が活躍。ダンデイライオン、スギナ、よもぎ、どくだみ、ゴボウ茶なども多く利用。朝一番でフレッシュのミント水も作って出す時期。

【元日本代表・山瀬「あと1試合」への執念 J2福岡退団から2カ月半後の愛媛入り(yahoo!ニュース  西日本新聞)】

忙しい日々を過ごす家族の健康をサポート Nutrilite×レシピブログ×クッキングラム「ファイト アスリート飯」キャンペーン スタート!2019年1月15日(火)~2019年2月28日(木)大盛況終了!たくさんのご応募、ありがとうございました!


東京オリンピック出場に期待のかかる、福岡県久留米市南筑高等学校在籍、世界で活躍する素根輝選手が、西日本スポーツ×明太子のふくやyoutubeチャンネルに登場!

【西日本スポーツ新聞  山瀬理恵子のアス飯連載  2019年1月23日発売】

【京都新聞読者情報誌 きらっと!京滋2019年3月最新号 山瀬理恵子のアス飯レシピ連載掲載のお知らせ】

オレンジページ2/2最新号 2019年1月17日発売に、全国ロードショーの映画「めんたいぴりり」 が大好評公開中の明太子のふくや記事にアス飯レシピが掲載!

Produce by ふくや×西日本スポーツ『山瀬理恵子の今日もアス飯!』西日本スポーツ新聞でYahoo!アクセスランキング第1位を獲得したRFCのKANAさんの2話目が2019年1月10日より公開です!

陶芸作家 廣川 純、廣川みのりの土鍋と器展×石橋工業(麦のいしばし)むぎむぎcafé 料理長 起塚 学×野菜ソムリエプロ 西川昌代×酒の器 Toyoda×山瀬理恵子のアス飯®︎ (2018年12月18日〜22日)大盛況終了!


2018年10月5日発売!『平畠啓史 Jリーグ54クラブ巡礼 – ひらちゃん流Jリーグの楽しみ方』にて、山瀬家のエピソード掲載!

味の兵四郎プレゼンツ!ガッツめしコラム!



京都新聞読者情報誌「きらっと!京滋」2018年12月号 山瀬理恵子のアス飯®︎レシピ連載

2018年11月22日 朝日新聞掲載!


『ふくや×西日本新聞×アス飯』WEB番組はこちら

2018LPガス夢フェスタ料理ショー2ステージ無事終了!

京都市立藤森中学校・京都外大西高等学校講演無事終了!


京都新聞読者情報誌「きらっと!京滋」2018年11月号 山瀬理恵子のアス飯®︎レシピ連載

西日本スポーツ新聞連載「理恵子のアス飯」10月3日掲載!



兵四郎秋カタログ「兵四郎米通信」「兵四郎だより」掲載・兵四郎WEBマガジン公開!

沖学園高等学校講演無事終了!(9月29日)

ありた幼稚園保護者の皆様への栄養講習無事終了!(9月26日)


西日本スポーツ新聞連載「理恵子のアス飯」9月19日掲載!

きらっと!京滋連載「山瀬理恵子のアス飯レシピ」10月号掲載中!


今年も美味しい兵四郎米(特別栽培米)の季節がやってきました

京都藤森中学校・京都外大西高等学校栄養講習決定!


アスリートと一流仕事人に学ぶココロとカラダのコンディショニングマガジン 『CoCoKARAnext』 (ココカラnext)フジテレビめざましテレビ ここ調メニュー徹底解説「試合後」

2018年9月講演決定!(沖学園ゴルフ部学生及び保護者の皆様、ありた幼稚園保護者の皆様)


味の明太子「ふくや」アスリート広告応援商品レシピを担当致しました!

味の明太子「ふくや」世界へ羽ばたく早田ひな選手応援セット商品パッケージレシピを担当致しました!

アビスパ福岡アカデミーU-12栄養講習無事終了!(2018年8月26日)

フジ・めざましテレビ撮影報告 スポーツ選手の試合前献立/山瀬理恵子

「山瀬理恵子のアス飯®︎レシピ」連載 きらっと!京滋9月号掲載のお知らせ!

味の明太子「ふくや」福だより第44号アス飯連載にてレシピ掲載!

かしいヤングラガーズ中学生保護者の皆様への栄養講習無事終了!(2018年8月19日10時〜11時30分)九州電力香椎競技場大広間にて

故郷北海道十勝郡浦幌町視察 北海道新聞掲載(2018年8月15日)

 

平成30年1月7日 うらほろアンバサダー就任

 

京都新聞読者情報誌(40万部発行)「山瀬理恵子のアス飯®︎レシピ」連載 きらっと!京滋2018年8月号

故郷・北海道十勝郡浦幌町よりオーガニックコスメブランド「rosa rugos」2018年全国発売!

フジ・めざましテレビ「ここ調」7月4日放送!2献立3レシピ提供!

アスリートと一流仕事人に学ぶココロとカラダのコンディショニングマガジン『 CoCoKARAnext』(ココカラnext)新連載第2回「現役アスリートの現場から。頼れるのは食材の持つ力だけとは」公開


『 CoCoKARAnext』(ココカラnext)新連載第1回 食べることを意識すれば、運命はいとも簡単に変わっていく

西日本スポーツ新聞アス飯連載!2018年7月11日発売!

「きらっと!京滋」アス飯レシピ連載7月号掲載 「香菜と夏野菜のエスニック蕎麦」



筑紫女学園大学スポフェス!ニュースリリース(6月24日)



京都サンガF.C.在籍の2013年より、キリンビバレッジ株式会社様から、飲料の全てを個人サポートしていただいております。キリンビバレッジ株式会社様に心より感謝申し上げます。


2018年度より京都・藤原食品様にスポーツ選手の毎日の原動力である納豆のサポートをしていただいています。藤原食品さんに心より感謝申し上げます。

味の明太子ふくや「奇跡体験!アンビリバボー」放送を記念して限定商品を販売!
https://www.fukuya.com/lp/unb/

味の明太子ふくやかわら版連載及び2018年卓上カレンダー、粒チューブレシピブック、早田ひな選手のさば缶コラボレシピを担当!


アビスパ福岡アカデミーU15栄養講習無事終了!

西日本新聞朝刊5月25日!

西日本スポーツ新聞連載「アス飯」!5月23日発売!

『クックパッド株式会社』社員名刺に採用!289万レシピ投稿から「私の1番大好きなレシピ」に「スポーツペペロンチーノ」が選抜!

京都新聞読者情報誌「きらっと!京滋」6月号山瀬理恵子のアス飯®︎レシピ連載 「関節強化!鶏軟骨のカラフル酸っぱ炒め」掲載!


あなたの投稿を募集しています!アス飯レシピを実際に作ってみたという方は、ぜひ写真をお寄せください。 抽選でご感想とともに誌面掲載をさせていただきます。氏名、掲載用ペンネーム、電話番号、お住まいの市町村名、年齢、性別、感想(50字程度)を記載の上、メールタイトル「アス飯レシピ6月号投稿」で、メールアドレス kiratto@ kyoto-pd.co.jp まで送信ください。たくさんのご応募お待ちしております!


5月19日アス飯講座無事終了!アビスパ福岡アカデミーU9、U10、U12、U13新入団の保護者の皆様

感謝!福岡サンパレスホテルの坂本憲二総料理長と「アス飯®︎弁当」をコラボ販売1時間で完売!5月12日(土曜日)J2第14節VS愛媛FC戦11時30分より、レベルファイブスタジアム内メインスタンドコンコースサンパレス売店にて「アス飯®︎弁当」(1200円)



『120個が1時間で完売!』
本紙料理コーナーでおなじみの山瀬理恵子さん監修の「アス飯」弁当が愛媛戦限定で販売された。MF山瀬の妻で料理研究家の理恵子さんが疲労回復や体づくりに効果のあるメニューを考案し、福岡サンパレスの坂本憲治総料理長が仕上げた特製弁当は用意された120個が約1時間で完売。理恵子さんは「売れ残ったらスタンドで手売りする覚悟だったのですが…。感動しました」と満面に笑みを浮かべた=2018/05/13付 西日本スポーツ

http://www.nishinippon.co.jp/nsp/avispa/article/415862

●シェフ・総料理長
坂本 憲治 (さかもと けんじ)

都ホテル等を経た後、プリンスホテル、シーホークホテルの開業に携わる。 1994年グランドハイアット福岡の開業に携わり、1996年34歳で同ホテル副総料理長に就任。 フランスを始めとして、カナダ、アジア等世界各国のハイアットグループにて経験を積む。 2007年 福岡サンパレスホテル&ホール総料理長に就任。 2014年 一般社団法人 日本エスコフィエ協会 理事に就任 2015年 公益社団法人 全日本司厨士協会福岡支部 副支部長に就任。 フランス料理界の名誉ある称号「ディシプル・ド・オーギュスト・エスコフィエ」を持つ。

受賞歴

2014年 福岡市技能優秀者表彰 受賞
2015年 福岡県知事感謝状 受賞
2016年 全日本司厨士協会 西洋料理界銀賞(アカデミー銀賞)受賞 🎖

「きらっと!京滋」5月号より「山瀬理恵子のアス飯レシピ」新連載!

HILLTOP株式会社様講演無事終了!(2018年4月14日)

アビスパ福岡主催、九州電力共済2018年3月24日アス飯講座第2回目終了!

2018年3月22日西日本スポーツ新聞掲載!

全国新聞社出版協議会「ふるさと発見新聞社の本」特選ガイドに京都新聞出版センターからアス飯レシピが掲載!

アビスパ福岡主催、九州電力共催、やずや協力「山瀬理恵子のアス飯講座」第1回目(平成18年2月24日)無事終了!

「最高のパフォーマンスを引き出す食事学」掲載(2018年2月13日 朝日新聞)

京都新聞読者情報誌「きらっと!京滋」新連載開始のお知らせ(2018年5月号より開始 京都府、滋賀県)

 


2018年Jリーグプロ19年目!三浦知良選手(横浜FC)と並ぶ18年連続ゴール記録を達成!

FUKUOKA, JAPAN – MARCH 12: Koji Yamase of Avispa Fukuoka celebrates the first goal during the J.League J2 match between Avispa Fukuoka and Kyoto Sanga at Level 5 Stadium on March 12, 2017 in Fukuoka, Japan. (Photo by Masashi Hara/Getty Images)

故郷・北海道十勝群浦幌町の「ふるさと大使」(浦幌アンバサダー)に(2018年1月7日交付)

『サントリー×アス飯』WEB2企画!西日本新聞ファンファン福岡

大泉図書館便りに掲載していただきました!

西日本スポーツ新聞2017年12月6日発売!

西日本スポーツ新聞2017年11月22日発売!

テレビ西日本ももち浜ストア「山瀬理恵子のアス飯」2017年11月24日放送!

『兵四郎マガジン』公開!『味の兵四郎×アビスパ女子発掘プロジェクト×山瀬理恵子』

2017年11月15日から『京だより』でレシピ連載

西日本スポーツ「アス飯」発売(2017年11月8日)

2017年10月25日西日本スポーツ新聞発売!

 

沖学園の皆様に感謝!テレビ西日本ももち浜ストア「アス飯」(2017年10月10日放送)

エフエム福岡「教えてコンシェルジュ」(2017年10月6日放送)

テレビ西日本ももち浜ストア「アス飯」(2017年10月3日放送)

沖学園高等学校の図書館に「アス飯レシピ」が入りました!

2017年9月26日
α-Station SUNNYSIDE BALCONY出演!

「アス飯レシピ」が京都府立京都学・歴彩館へ

紀伊国屋ゆめタウン博多店 総合ランキング第1位を獲得しました!

紀伊国屋ゆめタウン博多店 出版イベント無事終了!

京都新聞出版センター売り上げランキング第1位を獲得しました!

2017年8月30日 西日本スポーツ新聞発売!




 

テレビ西日本(TNC)レギュラーコーナー決定&西日本新聞社と連動企画になります

明太子のふくやさんとのコラボが始まります



京都新聞さんの後押しを得て「アス飯」を商標登録出願。2017年7月26日、特許庁により登録査定となりましたことをご報告致します(出願人 山瀬理恵子 商願 2016−143000)

3年間の紙面連載をスタートから振り返る(コラム)

西日本新聞社会面、西日本スポーツ新聞掲載(2017年6月16日)後に西日本テレビにて放送
「勝負飯」をご提供させていただきました


2017年6月27日放送「ももち浜ストア夕方版」ケン坊田中さん自宅取材「勝負飯」

高等学校調理実習メニューに!
2017年6月21日

2017年6月20日放送
「ももち浜ストア夕方版
ケン坊田中さん自宅取材1「勝負飯」

2017年5月25日アスリートフードマイスター福岡支社にて講師を務めました!

 



光文社「フラッシュ」奥様は名シェフ!一流選手を支える「技あり料理」「妻はアスリートフードマイスターの資格持ち」特集(2016年1月19日号)


京都府三井京都分会懇親会にて健康栄養学講演(2016年3月4日東急ホテル)

京都サンガF.C.ファン感謝デーにて栄養講習(1月31日)及び2016年7月より毎月1回、ホーム西京極スタジアム隣接「京都市民スポーツ会館」にて講師活動開始)

京都グルメタクシー岩間孝志さんダイエットサポート開始(2016年7月〜)

京都市立錦林小学校にて家庭教育講座(7月) 347A4440

京都新聞朝刊連載「アス飯」ダイジェスト版(41万部発行) 347A2208

京都外国語大学特別講義(2016年10月3日)
http://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=QHe6RKcj
https://yamaserieko.cookpad-blog.jp/articles/160575

image1

京都外大西高等学校栄養講習及び調理実習終了!感謝!(2016年10月21日)
aedc0b577b1c661bbf154e7c5432c303

プロデュース商品:マルシェバッグ(販売終了感謝!)帆布エプロン(販売終了感謝!)160624_rieko_bag_mail580x420

「江戸時代の庶民に人気のあった「『為御采』=おかず番付」がモチーフ。力士や歌舞伎役者の番付表のように、人気のおかずを季節ごとに分類した、まさに現代版の「クックパッド」。行司役は、食卓に欠かせなかった沢庵と梅干し。四季を通じて人気のあるおかずから、季節ごとの人気のおかずまでを分類したおかず番付が描かれているマルシェバッグです」apron4「芽生えのときから桃と栗は3年、柿は8年の歳月を経て実を結ぶ。何事も成就するまでにそれ相応の年月がかかるということを表す故事ですが、健康についても同じ。睡眠をしっかりとりながら一回の食事をおろそかにせず、一食一食の積み重ねが私たちの明日への生命を紡ぎ、無限の可能性を未来に育むことになります。そんな思いを込めたメッセージをエプロンにデザインしました。1863年にロンドンに協会が設立され、初めてサッカーの公式戦が行われた歴史も、敬意を込めています」

茶席の禅語である「喫茶去」難しい話は抜きにして、まぁお茶でも召し上がれ。お平にお楽に、という意味が込められています。 常に走り続ける心。大切な時間は知らぬ間に、あっという間に流れてしまします。源泉掛け流しの如く貴重な時間の積み重ねである人生。少し足を止めて、手を止めて、呼吸を整えて、心を沈めて、お茶でも飲んでみませんか?サッカーでいえばハーフタイムのよう。絶好調で最高のパフォーマンスで終えることもあれば、何をやってもうまくいかないことも。15分という短い時間でいかに心を落ち着かせて、ファーストハーフを振り返り、最後の45分を最高の結果で終えることができるか。喫茶去の精神で心身を整え、セカンドハーフに挑みます。 人生、仕事、学校、サッカー、その他様々な場面で座右の銘にしたい「喫茶去」の精神が宿るマグカップ。ゆっくりと京都紅茶を淹れ、味わい、めくるめく日常で抱く感情を、ただ流されるだけではなく言葉にして 「わたしの秘伝料理・解體新書」 (http://www.sanga-fc.jp/blogs/mailmagazine/8182/) に書き留めて、趣のある、味わい深い人生を送っていただきたいという思いが込められています。(販売終了!感謝!)

2017年4月9日 春のスペシャルコラボイベントin京都 満員御礼無事終了!

京都外大西高等学校広報誌掲載&2017年度の調理実習メニューに採用!

京都新聞朝刊連載「アス飯」2017年3月14日掲載

レシピテーマ「疲労回復」

「アビスパ福岡 山瀬 カズに並んだ!J歴代2位18年連続弾!」(西日本新聞掲載)
レベスタが歓喜に沸いた。J1だった昨年7月13日のFC東京戦以来となるホームでのJ公式戦勝利。流れを呼んだのは、今季京都から加入した山瀬だ。前半3分。ペナルティーエリア内で不規則に弾んだウェリントンからのパスを右足で巧みにさばき、ゴール右上隅に先制弾を決めた。 「古巣との対戦は楽しみだったけど、それより(福岡が)ホームでしばらく勝てていないと聞いたので。何とかしたかった」。昨秋に京都から戦力外通告を受けた後、主力としてオファーした福岡への“恩返し弾”に胸をなでおろした。 2000年のJ2札幌でのデビューから18年連続得点。この日、50歳でゴールを決めた三浦知良(横浜FC)と並ぶ“参考記録”のJ歴代2位だ。02年夏の右膝前十字靱帯(じんたい)断裂など、けがに苦しみながらも結果を積み重ねてきた。 「年を重ねても技術は落ちない。パフォーマンスを維持するため、自主練習の方法も常に考える」。1月9日の全体練習初日からピッチに最後まで残り、コーチと浮き球のパスを交換。地道に努力するベテランを、井原監督は「経験豊富で攻撃のアクセントになってくれている」とたたえた。◆歴代2位タイも参考扱い 山瀬はJ1とJ2で18年連続得点。Jリーグデータセンターによると遠藤保仁(G大阪)の19年連続に次ぎ、三浦知良(横浜FC)と並ぶ歴代2位となるが、Jリーグは同一カテゴリーでの記録のみ「連続」とみなすため参考扱いとなる。公認記録は小笠原満男(鹿島)がJ1で記録した17年連続。

京都新聞朝刊連載「アス飯」2017年2月28日掲載 レシピテーマ「関節ケア」

2017年3月2日、KBC九州朝日放送編成局アナウンス部所属の沖 繁義アナウンサーに取材していただきました!2レシピご提供、「フジパンカップ」にて放送していただきました!

2017年2月4日バレンタイン特別企画未来のアスリートを応援する山瀬理恵子の「1日だけのお菓子教室」無事終了!






男女共同参画・まちづくり講演会無事終了!


2017年1月4日北海道十勝郡浦幌町宝町会館にて講演無事終了!

京都外大西高等学校野球部 保護者の皆様への栄養講習及び調理実習(2016年11月26日)hir_6724

hir_6966

hir_6732

京都外大西高等学校栄養講習及び調理実習(2016年10月21日)

hir_2840

京都外国語大学特別講義(2016年10月3日)

http://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=QHe6RKcj
https://yamaserieko.cookpad-blog.jp/articles/160575
image1

hit_0359

hit_0277

京都外国語大学研究発表2講義(2016年10月13日)
347a6952

c22d5711f412b4f92898b5ffa79ae211
かんさい情報ネットten
水曜ドキュメント「ノゾキミ」出演(2016年10月5日放送)
※こちらから動画が見られます
http://www.ytv.co.jp/ten/sp/corner.php?num=10

image1

アス飯ダイジェスト版完成(41万部発行)

347a6162

裏表紙
お弁当取材協力
ジュニアアスリート「お母さんの力」
外村直美さん(陸上中長距離走:高校1年生女子、サッカー:中学1年生女子)

榎本直美さん(軟式テニス:中学1年生女子)
井根千佳さん(サッカー:中学3年生男子、バレーボール:中学3年生女子)
前原 舞さん(サッカー:小学校5年生男子、サッカー:小学校3年生男子)
https://yamaserieko.cookpad-blog.jp/articles/130130

f0618fc1f1d9257cf696e45745082c78

347A2784

video_eye

05b6eec9df8937dcd8615fd43689addd

09b82e24a9379950877342369330196b

a940eacd98e750fd0d7cea8a1bc80a5c

13092118_502587676610901_6993911070068087269_n

d0201d3c6ba0e6e3d44b7c2815ed4a95

0ec03edf382f618b59e5a520978b5b4c

5e0acae04cb0f13fb68c0b764ef4a510

 

6418afaac2cfbf76746bafc58bdd081b

 

347A9639

580982c5a604e30594e5143f904ed2d0

347a7030

83eaf551ba1a6fc3f6ba34a2ddcb56ae

89b9f91467e271e79971095fa110b184

e6a6a07e048291d67edd75e57e36d591

image1

4efc0c471d039950896af774d101e4fd

12592605_486957104840625_7818509535882601837_n

51GA94BDJFL

6a0120a69b7402970b0120a69b7b77970b-800wi

347A4438-683x1024

347A4437

5802155b82b377f2e9dd9a7dd7cf616e

5cadb0f8257fcd4bff03d784f2cb47b9

image

image

image2

image

image-3

347a5994-1024x852

0d58a7919bda6842737c30f329b01144

 

image

42066c599050c333683d4725ef8775dd

4513eafe4dabbf5062835ceb1cf94795

347A4931

image1
デザイン:久堀嘉洋

c915f4c675e1210f127e73bdcbd81ebb

image1

a4ffe507f0340612cab55ef592a28160
be1a91fc890cf59506968169a50e9db5

136bbfb4b828bfd45ac93f0fc08a3c5f

dd8ddacd873607a5ddf7325771ef2564

6179

image1

6228

6220

416a28e203dc7739360d3331f3a847a5

f9909c882c0473aae96a563c93fe3870

8683f363a90dfbf9a09f6d2b99f6cab4

fe81423619c39044edb5775fb8f3258a

b213fef7f47741e9069fae737911e4fd

9e602948007eddb9311d13e774c6bf37

KYO_0358-1024x668

fu7_006

img_6528

img_5_m

edab74b8c48700ff999e27b361afd006

87dc4e9392db24d49cadd5bf0f18eafa

081dc3a5a572fcdbad00836436c13af0

3088afce7ba1c1e1aa0493cc1d0787bc

6a0120a69b7402970b0120a69b88c7970b-800wi

img_6744

主な資格
初等教育教員免許(幼稚園教諭、小学校教諭)
日本食育インストラクター協会認定「食育インストラクター」(江上料理学院)日本フードコーディネーター協会認定「フードコーディネーター」(江上料理学院)日本アロマ環境協会認定「アロマテラピーインストラクター」(ニールズヤードレメディーズみなとみらい校)日本スポーツアロマトレーナー協会認定「スポーツアロマトレーナー」(プレミナセラピストスクール代官山校)日本メディカルハーブ協会認定「ハーバルセラピスト」(グリーンフラスコ研究所自由が丘校)
株式会社アスリートフードマイスター公認「アスリートフードマイスター3級」(梅田校)日本プロカウンセリング協会認定「心理カウンセラー2級」(東京本部校)
日本総合プロフェッショナルケア協会「薬膳スパイスアドバイザー」(福岡校)
日本野菜ソムリエ協会認定「野菜ソムリエ」(渋谷校)等多数

1977年

●9月16日北海道十勝郡浦幌町生まれ。小学校教諭を経て、サッカー元日本代表山瀬功治と結婚。

2005~2011年

●管理栄養士川端理香著書「勝つための栄養食BOOK」にて取材協力(2005年)

●世界陸上選手権香川県丸亀事前合宿にスポーツアロマトレーナーとして帯同。デンマーク、フィンランド、ノルウェー、スウェーデンの北欧4カ国を中心に約150人の選手、コーチらが来県。(2007年)

●横浜市教育委員会が作成、横浜F・マリノスが応援する「食教育便り」に協力。食教育便りは横浜市内の全小・中・高・特別支援学校の家庭に年3回配布されるもので、各25万部、計75万部発行。(2008年)

●日刊スポーツ「こだわり食」取材協力(2009年)

●サッカーダイジェスト「サッカーと食の話」ゴールデンウィーク特集号(2010年5月発売)料理写真提供、執筆を機に、サッカーダイジェストテクニカルにて栄養レシピとコラム連載開始 校正:藤井雅彦(2年間)

2013年
●クックパッド公式キッチンにてレシピ掲載及びごはん日記の開始(12月17日リリース)

●サッカーマガジン取材協力(文:フリーアナウンサー日々野真理)

2014年
●京都新聞朝刊ジュニアスポーツ面「アス飯」(毎週火曜日)にて、栄養レシピ、コラム連載が開始(朝刊発行部数50万部)(4月1日〜2017年3月)

●PHP研究所「PHPくらしラク~る」8月号 巻頭カラーレシピ提供12品 編集:中井シノブ 写真:エディオオムラ アシスタント:山本理恵

●「サッカーマガジンZONE」11月号掲載「山瀬家の食卓」文:北健一郎 写真:松川智一

●町家クリスマスコラボイベント 東田忍×山瀬理恵子 料理講師 アシスタント:山本理恵

2015年
●京都新聞朝刊ジュニアスポーツ面「アス飯」が同社HPにてデジタル連動開始(5月〜)

●全国地元食材マヨネーズ料理グランプリ (マヨ1グランプリ)2015 京都府代表 アシスタント:山本理恵(烏丸経済新聞掲載)

●オーガスト・ハーゲスハイマー著書「ココナッツオイルが効く!」(8月 取材協力

●京都府サッカー協会主催JFAフットボールデー 栄養講演講師(8月)

●PHP研究所「PHPくらしラク~る」2015年11月号 巻頭カラーレシピ提供7品 取材・文:田中瑛子 写真:エディオオムラ アシスタント:梅野小有里

●京都府サッカークラブ「翼イレブン」にて栄養講習会講師(10月)

●公益財団法人ダノン健康栄養財団「スポーツ食育インタビュー」取材協力(10月)

●京都府立莵道高校にて栄養講習会、調理実習講師 アシスタント:丸子明日香(11月


●クックパッドWashoku.Guideにて247万レシピの中から人気レシピ2万レシピを翻訳したものを公開。3レシピ選出。

●京都府京田辺市にてアロマテラピー講習会講師 サポート:工藤優
(12月)

2016年
●光文社「フラッシュ」奥様は名シェフ!一流選手を支える「技あり料理」「妻はアスリートフードマイスターの資格持ち」特集(1月19日号)

●京都サンガF.C.「ビッグフラッグの歴史」共同執筆(取材、文:久堀嘉洋・山瀬理恵子 2月)

●京都府三井京都分会懇親会にて健康栄養学講演講師(2016年3月4日東急ホテル)

●京都サンガF.C.ファン感謝デーにて栄養講習講師(1月31日)及び2016年7月より毎月1回、ホーム西京極スタジアム隣接「京都市民スポーツ会館」にて講師活動開始)受講者のご感想纏め

●京都市立錦林小学校にて家庭教育講座講師(7月11日)

●京都グルメタクシー岩間孝志さんダイエットサポート開始(7月〜)

●かんさい情報ネット ten「ノゾキミ」出演(10月5日放送)

●京都新聞朝刊連載「アス飯」ダイジェスト版(41万部発行)

●京都外国語大学特別講義講師「食事が育む語学脳?プロアスリートを支える食事のいただき方から学ぶこと」
PDF

●京都外国語大学研究発表2講義講師(10月13日)

京都外大西高等学校栄養講習及び調理実習講師(10月21日)

●京都外大西高等学校野球部 保護者の皆様への栄養講習及び調理実習講師(11月26日)

●読売新聞朝刊東京五輪アスリート食特集取材協力(12月20日)

2017年
●故郷・北海道十勝郡浦幌町教育文化センターにて男女共同参画・まちづくり講演会講師(1月25日)

●バレンタイン特別企画未来のアスリートを応援する山瀬理恵子の「1日だけのお菓子教室」講師 師匠:滋野悦子(2月4日)

●KBC九州朝日放送へ2レシピご提供「フジパンカップ」自宅取材(3月28日放送)

●京都外大西高等学校広報誌掲載&2017年度の調理実習メニューに採用

●春のスペシャルコラボイベントin京都 ポーセラーツテーブルコーディネート講師 東田忍×アス飯 山瀬理恵子 満員御礼(4月9日 )

●アスリートフードマイスター福岡支社にて栄養講師(5月25日)

●西日本新聞、西日本スポーツ紙面掲載 勝負飯提供(6月16日)

「ももち浜ストア夕方版」ケン坊田中さん自宅取材1「勝負飯」(6月20日放送)

●りんごまるごとスタミナ豚丼が高等学校の調理実習メニューに採用(6月21日)

●「ももち浜ストア夕方版」ケン坊田中さん自宅取材2「勝負飯」6月27日放送

●「筋肉れすとらん(京都)」アドバイザー就任(7月7日

「アス飯」を商標登録出願 出願人 山瀬理恵子 商願 2016−143000

●テレビ西日本「ももち浜ストア」レギュラーコーナー決定 西日本新聞社と連動企画

●京都新聞出版センターより初の著書「アス飯レシピ」発売 企画:塚本宏・岡本壮・国貞仁志(京都新聞社)動画編集:龍 太郎(京都新聞社)編集・構成:山形恭子(オフィスK)装丁・デザイン:佐野佳菜(いろいろデザイン)DTP:今岡弓子(京都新聞印刷)(8月23日)

●京都新聞朝刊出版記事掲載、道新スポーツ出版記事掲載(8月23日)

●西日本スポーツ企画発表記事掲載(8月25日

●KBCラジオ ガブリナ出演(8月28日

●テレビ西日本「山瀬理恵子のアス飯」料理コーナー連載スタート(8月28日

●西日本スポーツ「山瀬理恵子のアス飯」料理コーナー連載スタート(8月30日

●「アス飯レシピ」が沖学園高等学校図書館へ

●crossfm 西川友紀子さんの「Yukipedia」に夫婦出演

●京都新聞出版センター8月期売り上げランキング第1位を獲得

●「味の兵四郎」×アビスパ福岡×山瀬理恵子コラボ企画開始

●明太子「ふくや」版「アス飯」連載がスタート(2017年9月7日)

●紀伊国屋夢タウン博多店 出版記念イベント トークショー&サイン会 司会 森田みき(2017年9月10日)

●紀伊国屋ゆめタウン博多店 総合ランキング1位を獲得(2017年9月12日)

●「アス飯レシピ」が京都府立京都学・歴彩館へ

●「アス飯」が特許庁により登録商標認定 登録第5976205号

●α-Station SUNNYSIDE BALCONY出演 パーソナリティ慶元まさ美さん(9月26日

●ふたば書房西武大津店 出版記念イベント トークショー&サイン会(9月26日)

●「アス飯レシピ」増刷決定!(9月26日

●エフエム福岡「教えてコンシェルジュ」出演 パーソナリティ今村敦子さん(9月26日、10月6日放送 )

●薬味疲労回復寿司レシピが京都市内中学校の調理実習レシピに採用(10月16日)

●「味の兵四郎webマガジン」公開(10月26日)

●九州朝日放送 アサデス「アビの妻たち」特集放送(11月1日)

●「京だより」にてレシピ連載開始(11月15日より)

●株式会社「ふくや」2018年卓上カレンダーレシピ担当

●アビスパ福岡アカデミーユース選手、ジュニアユース選手、保護者の皆様への栄養講習講師(12月10日)

●東京練馬区大泉図書館の図書館員オススメ本として「アス飯レシピ」が掲載

2018年
●故郷・北海道十勝郡浦幌町の「ふるさと大使」(浦幌アンバサダー)に(1月7日交付)北海道新聞、十勝毎日新聞にて掲載

●公益財団法人「河本文教福祉振興会」がアス飯レシピ400冊を滋賀県内の全小中高、特別支援学校の計404校へ優良図書として寄贈

●アス飯レシピ200冊がTRC図書館流通センターにより全国の図書館へ

●アス飯レシピを故郷・北海道十勝郡浦幌町立図書館に献本

●サントリー×西日本新聞×アス飯

●サントリー×ファンファン福岡×アス飯

●アビスパ福岡アカデミーにて、2018年度、月1回の栄養講習会及び調理実習開催が決定( 主催:アビスパ福岡株式会社、共催:九州電力)

●「最高のパフォーマンスを引き出す食事学」掲載(2月13日 朝日新聞)

●アビスパ福岡主催、九州電力共催、やずや協力「山瀬理恵子のアス飯講座」第1回目講師(2月24日)

●株式会社ふくや 2018年春のカタログ掲載 『ツブチューブオリジナルレシピブック』担当(プレゼント応募期間:3月1日〜4月30日)

●2018年度筑紫女学園大学にて「アス飯」コラボプロジェクトが始動

●アビスパ福岡主催、九州電力共催、やずや協力「山瀬理恵子のアス飯講座」第2回目講師(3月24日)

●HILLTOP株式会社様にて講演講師(4月14日)

●京都新聞読者情報誌「きらっと!京滋」2018年5月号より新連載開始(4月20日 40万部発行)

●アビスパ福岡アカデミー保護者向け栄養講座を小・中・高(学生)らに展開(5月〜)

●福岡サンパレスホテル総料理長坂本憲二氏とレベルファイブスタジアムにてコラボ弁当販売。1時間で完売!(5月12日)

●『クックパッド株式会社』社員名刺に採用!289万レシピ投稿から「私の1番大好きなレシピ」に「スポーツペペロンチーノ」が選抜!
●アビスパ福岡アカデミーU15栄養講習講師(5月25日)

●アスリートと一流仕事人に学ぶココロとカラダを整えるココカラNEXTマガジンにて執筆開始(6月6日)

●アビスパアカデミーU-18栄養講習講師(6月10日)

●アビスパ福岡ジュニアユース選手保護者栄養講習・調理実習講師(6月23日)

●筑紫女学園大学アス飯スポーツフェスタ栄養・調理実習監修(協賛:株式会社ふくや、株式会社味の兵四郎、株式会社やずや、藤原食品、北海道十勝郡浦幌町)(6月24日)

●卓球早田ひな選手のひな缶を始め、ノベルティグッズレシピを担当(7月)

●株式会社アスリートフードマスター社のW杯企画アスリートマイスターベストイレブン選出2レシピ提供(日本vsポーランド戦担当)

●フジテレビ・めざましテレビ「ここ調」2献立1レシピ提供(7月4日放送)

●草ケ江ヤングラガーズクラブ保護者の皆様への栄養講演講師(7月15日)

●作家廣川純×石橋工業×酒の器Toyoda×山瀬理恵子の個展店料理イベント開催決定(12月18日〜22日)

●故郷北海道十勝郡浦幌町視察 北海道新聞掲載(8月15日)

●かしいヤングラガーズ中学生保護者対象  栄養講師(8月19日)

●アビスパ福岡U-12ジュニア栄養講習 栄養講師(8月26日)

●兵四郎マガジン公開(9月14日)

●ありた幼稚園保護者の皆様への栄養講演講師(9月26日)

●沖学園講演ゴルフ部、柔道部、バレー部、バスケ部、野球部及び保護者の皆様への栄養講演講師(9月29日)

●ACファルベン栄養講習及び調理実習講習(10月13日)

●京都市立藤森中学校家庭教育講座栄養講座及び調理実習(10月24日)

●京都外大西高等学校家庭科増田先生スポーツクラス(野球、ラグビー、水泳、空手、陸上、サッカー 計70名)(10月25日)

●ふくや×西日本新聞×山瀬理恵子のアス飯WEB新番組スタート!(2018年11月4日〜)

●2018LPガス料理ショー2ステージ(2018年11月10日)

●ジュニアサッカー保護者の皆様への栄養講習及び調理実習講師(2018年11月17日)

●勤労感謝の日(ワーク・ライフ・バランス)朝日新聞掲載(2018年11月22日)

●陶芸家廣川純・廣川実りの土鍋及び器展主催 共催は石橋工業、酒の器Toyoda 特別講師に野菜ソムリエプロ西川昌代
ムギムギカフェ1階カフェメニュー料理長のランチメニューを持久力、疲労回復献立でアス飯監修(2018年12月18日〜22日)

2019年

●Nutrilite×レシピブログ×クッキングラファイトアスリート飯キャンペーン6レシピ開発(2019年1月15日〜2月28日まで)

●西日本スポーツ新聞アス飯連載最終回にてコラム執筆(2019年3月20日発売)

●2019年度より、アスリートフードマイスターコミュニティ九州・山口役員に就任(業務担当は広報)

●摂南大学農学部2020年4月開設スペシャルコンテンツインタビュー掲載(江崎グリコ株式会社経営企画部代表 古屋敷隆、inaho株式会社代表 菱木豊、楽天株式会社農業事業部事業企画課代表 梅村周平、山瀬理恵子 )

●20年連続ゴール記録メモリアル企画 ふくや×アス飯カンカンインスタライブ(2019年5月27日)

●カルピス×アス飯(3レシピ開発)南海放送(2019年6月29日放送)

●味の明太子のふくや、アンバサダーに就任

●味の素「勝ち飯®︎」CMに愛媛県代表として抜擢(3レシピ提供、3本収録。7月下旬〜8月4日まで放映)

●愛媛新聞社、愛媛CATV社共同事業番組及び愛媛新聞紙面連載連動企画 2019年8月始動

●愛知県観光推進事業講演予定(2019年9月19日)

●東日新聞愛知県観光推進事業講演告知掲載(9月1日)

●カルビー株式会社47都道府県ご当地ポテトチップスラブジャパンプロジェクト2019年9月23日発売「九条ねぎおうどん味」商品開発京都プロジェクトチームに抜擢(9月23日)

●2019年10月26日南海放送レギュラー料理コーナースタート「理恵子と奈央の今日からできるアス飯」(南海放送アナウンサー 吉田奈央・料理研究家 山瀬理恵子 フジプレゼンツ)

※2020年4月現在
2019年3月より味の明太子ふくや専属アス飯youtube番組レギュラー継続中。(ふくやアンバサダー兼任)2019年8月より愛媛新聞「愛媛食材で愛あるアス飯」レシピ・コラム連載及び愛媛新聞・愛媛CATV共同事業企画番組「愛媛食材で愛あるアス飯 山瀬理恵子の行ってこ〜わい」レギュラー継続中。2019年10月より南海放送Beans(毎週土曜日正午放送)にて南海放送アナウンサー吉田奈央と「理恵子と奈央の今日からできるアス飯」料理コーナーレギュラー継続中。(2020年4月より吉田奈央アナウンサーから甲斐彩加アナウンサーへ)全国農業協同組合連合会愛媛県本部にて4月号より連載開始及びFM愛媛79.7MHz noonday pop番組内にて毎週木曜日12時05分頃からJA全農愛媛presents「山瀬理恵子のアス飯」レギュラーコーナースタート。ラジオパーソナリティ山崎愛 協力 松山東雲女子大学・松山東雲女子短期大学。聖カタリナ大学講演(2020年5月22日予定は新型コロナウィルス 拡大の影響を受け中止となりました)2020年度愛媛県新居浜市立船木中学校文部科学省研究事業アドバイザー就任。広報とうおん2020年6月号より愛媛県東温市広報誌にて「山瀬理恵子のアス飯」コーナーが開始。

 

profile_koji_rieko2

 

Date of birth: September 16, 1977 Height: 168 cm Birthplace: Uraboro-cho, Tokachi-gun, Hokkaido Blood type: O type Constellation: Virgo Education: Hokkaido Women’s University/Junior College Department of elementary education Physical education course Hobbies: Photography, Video shooting Special skill: Observation

Qualification: Heat stroke countermeasure advisor (sponsored by: Heat stroke prevention call project sponsored by: Environmental Agency Cooperation: Otsuka Pharmaceutical Co., Ltd.) Primary education teacher license (kindergarten teacher, elementary school teacher) Certified by Japan Food Education Instructor Association “Food Education Instructor” (Egami Cuisine Gakuin) Japan Food Coordinator Association Certified “Food Coordinator” (Egami Culinary Academy) Japan Aroma Environment Association Certified “Aromatherapy Instructor” (Neil’s Yard Remedies Minatomirai School) Japan Sports Aroma Trainer Association Certified “Sports Aroma Trainer” (Premina Therapist School) Daikanyama School) Certified by the Japan Medical Herbs Association “Herbal Therapist” (Green Flask Research Institute Jiyugaoka School) Officially certified by Athlete Food Meister Co., Ltd. “Athlete Food Meister 3rd Grade” (Umeda School) Certified by the Japan Professional Counseling Association “Psychological Counselor Level 2” (Tokyo Headquarters) Japan Comprehensive Professional Care Association “Yakuzen Spice Advisor” (Fukuoka) Japan Vegetable Sommelier Certified “Vegetable Sommelier” (Shibuya) and many others.

January 7, 2018 Commissioned “Urahoro Ambassador” from his hometown, Urahoro Town, Tokachi-gun, Hokkaido. 2020 Athlete Food Meister Community Kyushu/Yamaguchi Officer Public Relations/Former Elementary School Teacher. Marriage with former Japanese national football team Koji Yamase (2003) Started studying rehabilitation and conditioning nutritional food after two tears of the anterior cruciate ligament. (Koji Yamase was on the 4th of May 2019 in Ehime FC professionals who exceeded Miura Tomoyoshi and 2nd place in the J League for the second time after Yasuhito Endo, the 20th consecutive goal record and more than 538 games on the J Calculator. The active J-leger, who has won 500 J games in total in 1993, only 10 players in J-League history.) The season in which cherry blossoms bloom in 2010, the husband of the husband, Koji Yamase, was in charge of Yokohama F. Marinos soccer special magazine Ergolasso. At the request of Masahiko Fujii, he wrote the soccer digest Golden Week special project “Soccer and Food Story”. A page with nutrition explanations attached to photos of dishes prepared for each situation became a hot topic, and in 2011, sports nutrition recipes and column series began in Soccer Digest Technical. (2 years) I started my activities as a cooking researcher. His specialty is phytochemistry. His book is “Ashan Recipe” (Kyoto Shimbun Publishing Center), which has been published as a series of three years of Kyoto Shimbun.

[Main series]

Soccer digest technical “Yamase family’s dining table” Planning and composition: Masahiko Fujii (2011-2013) Kyoto newspaper “As rice” planning: Hiroshi Tsukamoto, Takeshi Okamoto, Hitoshi Kunisada (2014-2017) Kyoto Shimbun reader information magazine “Kiratte” Kyoji Shige Yamase Rieko’s Asu Rice Recipe” edited and composed by: Kyoko Yamagata (ongoing from 2018) West Japan Sports Newspaper “Rieko’s Asu rice” desk, Saburo Mukaiyoshi (2017-2019) Ehime Shimbun “Ehime ingredients loved ass Ie Yamase Rieko’s Go-Wait” planning, Akane Kono/Desk, Takahiro Ueki (ongoing from 2019)

[Main regular programs]

Kyoto Shimbun Ashan Online (2015-2017) TV West Japan Mochihama Store Evening version Sports Corner Ashan Yoshimoto Kogyo Kenbo Tanaka (2017) West Japan Sports Asuka Online (2018) Ajino Menta Fukuya YouTube Ashan ( Ehime Shimbun online Ehime ingredients love ass rice Rieko Yamase’s delight (from 2019) Ehime CATV Ehime ingredients love ass rice Rieko Yamase’s delight (since 2019) Nankai Broadcast Beans Today’s ass rice can be announced by announcer Nao Yoshida/Announcer Ayaka Kai (since 2019) FM Ehime JA Zennoh Ehime presents “Rieko Yamase’s Asme” personality Ai Yamazaki (continuing from 2020)

【Results of Activities】

Year 2005

Interview with the author in “Nutrition Food for Winning” by Rika Kawabata, a registered dietitian. Publication of books along with 3 menus for rehabilitation meals.

2007

As a sports aroma trainer at the World Athletics Championship Marugame Pre-camp in Kagawa Prefecture. Essential oils extracted by distillation of volatile aromatic substances biosynthesized by plants (essential oils are natural materials and active ingredients extracted from plant flowers, leaves, peels, fruits, heartwood, roots, seeds, bark, resins, etc. It is a volatile aromatic substance that is contained in high concentration.It has a unique aroma and function depending on each plant, and it is the basic of aromatherapy.Sports athletes have delicate handling in terms of doping.Chemical structure, chemical composition of essential oil, Anatomy such as olfaction and transdermal absorption route is required), and is involved in conditioning care for athletes who participate in overseas track and field. (Approximately 150 athletes and coaches from 4 countries in Northern Europe including Denmark, Finland, Norway and Sweden will visit the prefecture)

2008

Cooperate in food education newsletter issued by Yokohama City Board of Education. (News from food education is distributed to all elementary, junior high and high schools in Yokohama City and special support schools three times a year, with a total of 250,000 copies issued each).

2010

Daily sports discerning food coverage posted. At the request of reporter Masahiko Fujii, who is in charge of Yokohama F. Marinos, where her husband Koji Yamase belonged to, he wrote for the soccer digest Golden Week special event “Soccer and Food”. A page with nutrition explanations attached to photos of dishes prepared for each situation became a hot topic, and in 2011, sports nutrition recipes and column series began in soccer specialized magazine Soccer Digest Technical. (2 years)

2013

Received an offer from Cookpad Co., Ltd. and established Cookpad Official Kitchen.

2014

A series of sports nutrition recipes and columns will be published in the Kyoto Shimbun morning edition on April 1. (Sold every Tuesday. The number of morning editions is 500,000. The Kyoto Shimbun Ashan Media Division, which was launched the following year, is linked to the serialization on the page.) Achieved an exceptional long-term serialization. (2014-2017 sports nutrition recipe column serialization) The book “As Rice Recipe”, which was made into a book, was released from the Kyoto Shimbun Publishing Center in August 2017. [Plan: Hiroshi Tsukamoto, Takeshi Okamoto, Hitoshi Kunisada (Kyoto Shimbun) Video Editing: Taro Ryu (Kyoto Shimbun) Editing/Composition: Kyoko Yamagata (Office K) Binding/Design: Kana Sano (Various Designs) DTP: Imaoka Yumiko (Kyoto Shimbun Printing)] One month after the release, it was decided to reprint and Asunai was registered as a trademark by the Japan Patent Office. Donated as excellent books to all 404 schools in Shiga prefecture, including all elementary, junior high, and high schools, and distributed to libraries nationwide.

2015/2016

Kewpie Mayonnaise Cuisine Grand Prix 2015 Kyoto Prefecture representative. Introduced at the introductory color of PHP Research Institute for 2 consecutive years Held many nutrition lectures and cooking training at companies such as the Soccer Association, Athlete Food Meister Co., Ltd., Kyoto Sanga F.C, Avispa Fukuoka Academy, Elementary and Junior High Schools, universities and other educational institutions, Jr. athlete guardians and Kyushu Electric Power.

2017

Collaboration with food manufacturers such as Ajino Mentaiko Fuku and Aji no Hyoshiro started. Together with Ken Bo Tanaka, who belongs to Yoshimoto Kogyo Co., Ltd., is in charge of TV West Nippon Mochi Mochihama Store & West Japan Sports Newspaper serialization, and the interlocking food corner “Rieko Yamase’s ass rice” regular. Instructed as a lecturer at the Cabinet Office Gender Equality and Town Development Lecture at Urahoro Education and Culture Center, Tokachi-gun, Hokkaido.

2018

Became ambassador of hometown, Uraboro-cho, Tokachi-gun, Hokkaido. 6 recipes are provided by the tie-up plan of Suntory × Nishinihon Shimbun × Asu rice. June Written in “CoCoKARAnext” (CocoKara next), a conditioning magazine for the body and body that learns from athletes and top-class workers. At Chikuushi Jogakuen University in Fukuoka Prefecture, we supported Associate Professor Ryo Onishi and university students from “LIKKE” with children’s cafeteria event at Asu rice. Fukuoka Sun Palace Hotel Kenji Sakamoto collaboratively sells chef and ass rice lunch box, 120 meals 1200 yen sold out in 1 hour. From November 4, Fukuya x West Japan Sports Newspaper and Rieko Yamase’s new program of ass meal starts on youtube. Sponsored Fukuoka’s first solo exhibition of ceramic artist Jun Hirokawa and Minori Hirokawa. Co-sponsored by Ishibashi Industry Co., Ltd., Sakeware Toyoda. Supervise the chef Tsukasa Tsukizuka’s endurance and fatigue recovery menu menu. Vegetable sommelier professional Masayo Nishikawa as a special lecturer. (Personal exhibition period December 18-22, 2018)

2019

Nutrilite × Recipe Blog × Cooking Ram Fight Athletes Rice National Campaign 6 recipe development. (Until February 27, 2019) Setan University Faculty of Agriculture Opened April 2020 Special content interview posted. (Takashi Furuyashiki, Representative of Corporate Planning Department, Ezaki Glico Co., Ltd., Yutaka Hishiki, Representative of inaho Co., Ltd., Shuhei Umemura, Representative of Business Planning Division, Agricultural Business Department, Rakuten, Rieko Yamase, Cooking Researcher). Appeared in Ajinomoto “Kachimeshi” CM and developed 3 recipes for Kachimeme. Appeared in Iyo Bank CM. Developed three recipes for the 100th anniversary of Asahi Beverage Calpis. Calbee Co., Ltd. 47 prefectures Local potato chips love Japan project On sale September 23, 2019 “Kujo Negio Udon Flavor” product development Selected as Kyoto project team. Engaged in tourism promotion projects in the Oku Mikawa area of ​​Aichi Prefecture. (Asumi rice lecture is given at Shinshiro City sponsored by Oku Mikawa Tourism Council)

2020

Newly serialized from the May issue of the Kyoto Shimbun reader information magazine “Kiratte! Keishi”. (Continued as of June 2020) Since March 2019, Ajino Mentaiko Fukuya’s exclusive ass rice youtube program regular continues. (Fukuya ambassador concurrently) Since August 2019 Ehime Shimbun “Ehime Ingredients Love Asu Rice” Recipe Column Series and Ehime Shimbun/Ehime CATV Joint Project Program “Ehime Ingredients Love Asi Ie Yamase Rieko Go “Regular continues. From October 2019, Nankai Broadcasting Announcer Nao Yoshida and “Riceko and Nao’s Today’s Today’s Asu Rice” cooking corner regular on Nankai Broadcasting Beans (every Saturday noon broadcast). (From April 2020, Nao Yoshida announcer to Ayaka Kai announcer)

Japan Agricultural Cooperative Federation Federation serialization started from April issue at Ehime headquarters and FM Ehime 79.7MHz noonday pop in the program Every Thursday at about 12:05 JA Zennoh Ehime presents “Riseko Yamase’s Ashan” regular corner start .. Radio personality Ai Yamazaki in cooperation Matsuyama Shinonome Women’s University, Matsuyama Shinonome Women’s Junior College. Lecture by St. Catherine University (Scheduled to be canceled on May 22, 2020 due to the expansion of the new coronavirus) Public relations Toon June, 2020 issue Tone City, Ehime Prefectural magazine “Rieko Yamase’s meal” Serialization started. Sea and Japan PROJECT Japan Foundation, Comprehensive Ocean Policy Headquarters, Project promoted by All Japan under the flag of the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism in Ikata-cho, Ehime Prefecture. Simple 2 recipes using special shirasu. BITEKI July issue (Shogakukan 2020/5/22 release issue) “Rikigohan” plan Main dish and side dish 2 recipes posted. Appointed as a research project advisor of the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology of Funai Junior High School, Niihama City, Ehime Prefecture, and started in July 2020.347A6252

imageimage

 

0b0124095b3a3dc658e6be2639978a1c

2c9308f23186a7d286928841101b6d00

6a0120a69b7402970b0128759ddea4970c-800wi

6a0120a69b7402970b0120a69b8dd7970b-800wi