栄養講習 受講者のご感想纏め

「こんにちは。7月10日の「山瀬理恵子栄養講習セミナー」へ参加させていただきました。Sです。昨日行われた第2回目にも参加したかったのですがどうしても仕事を休めずとても残念でした。現在サッカーやマラソンをしておりアスリートの食事などに興味がありまして、前回参加させて貰いましたが久保さんが話された通り理恵子さんの人柄も凄く良くお話いただいたことも色々と勉強になりとても有意義な時間でした。第3回、4回と続くのであれば参加させていただきたいと思いますので、またお知らせいただけたら幸いです。昨日はサンガも勝ち、このままJ1へ向かって欲しいものです。これからも西京極へ、またサンガタウンは実家から近いので、そちらへも足を運び、サンガを応援していきますので、これからもよろしくお願いします。まだまだ暑い日が続きますので、お体に気をつけて、久保さんの情熱をサンガに注いで更に盛り上げていってください(S様)
▼【第二回】参加者からのご感想
http://us.msgs.jp/c/vReB?t1=Jva&t2=zpjX7nsWDE

■こんにちは。昨日もお世話になり、ありがとうございました。理恵子さんのセミナー、今回もとても為になるお話で良かったです。調理法だけでなく、食事にまつわる事…普段見過ごされがちだけれど、実は大いに影響をもたらす事、気付かせていただきました。それは「食」だけでなく、家族、チームメイト、友人たちとの円満な関係づくりのお話でもありました。思えばスケールの大きなお話で、自己啓発講座か(笑)と錯覚する瞬間もありましたが、精神論だけではなく、科学的裏付けもきちんとされたお話でした。そればかりか、普段離れた席で応援している人たちとの接点はなかなか無いものですが、山瀬選手のファン、理恵子さんのファンという共通点があるので仲良くなりやすい事も収穫です。次回はどんな切り口のお話が聴けるのか、もう今からワクワクしています。またどうぞよろしくお願いします。(ムラサキノオカン 様)
—————————————————–
■昨日、再び親子で栄養講習会に参加させていただいた位田です。ご準備に運営に、お疲れ様でした!息子も、昨日の帰り道、次の講習会いつ?次も受けたい!と言っておりました。現役のスポーツ選手を身近に見ておられる方のお話は、子どもにとって学校の先生のお話より説得力があるのだと思います。レシピの作り方のお話をもう少し詳しく聞きたかったなぁと思いました。でもとっても濃い内容のお話でした!私は料理得意でもないのに、良い包丁と木のまな板とお気に入りの器とそこそこ良いカメラは持っておりまして、私は間違えてなかったんだ!と確認出来て良かったです(笑)また次回も楽しみにしております。(位田多恵 様)
—————————————————–
■先日はステキな時間をありがとうございました。お料理・栄養のについての知識を得られるのはもちろんですが、理恵子さんの笑顔とパワーで、心の充電もさせていただきました。ただ毎日作っていただけのご飯。最近ご飯作りが楽しくなってきました。友達とのランチ会も家族の為になっている??堂々と美味しいものを食べに行けます(笑)来月も楽しみにしています。(M.M. 様)
—————————————————–
■理恵子さんとわたしのお付き合いは一昨年に開催されたクリスマスイベントから始まります。そのイベントで理恵子さんと一緒にお料理をさせていただき、今に至ります。その時に実際に彼女の包丁とまな板を使わさせて頂いたのですが…包丁はめちゃくちゃ切れ味が良い!まな板は何とも言えない当たり!14日にセミナーの資料に目を通した瞬間にその当時の事が甦ってきました。確かその時に尋ねられました。「包丁、まな板はどうですか?使いやすいですか?」と。きっと彼女はお料理を作るには、切れる包丁と当たりの良いまな板を使ってください!と言いたかったのでしょうね。今、思えば。アス飯の撮影の時も必ずご自分の包丁とまな板を持参されています。プロですから当たり前ですけど。
カメラについての話も面白かったですね。いつお会いしても理恵子さんの背中には大きなカメラがあります。試作料理においてもびっくりする枚数の写真を撮られています。また、そうすることで腕も上げてこられました。お料理の撮影は早朝の日差しを利用していますと聞いた事があります。どんなことにも手を抜かず、1分1秒を大切にお料理と向き合って来られているんでしょうね。でも、資料の裏側は手を抜くときは抜く!みたいなお話が満載。ここが彼女らしい可愛らしい一面ですね。
まだ、9月、10月、11月とセミナーは続きますが、次はどんな内容だろう…と楽しみにしています。まだ参加されていないサポーターの方にも是非参加していただきたいですね。山瀬功治選手が幾度とないピンチを乗り越えられた理由がパワフルな理恵子さんの話からわかってしまう!やっぱり功治選手のエネルギーの源は身体作り、つまり、食事からだという事がわかると思います。J1目指して熱い戦いが続きます。選手はもちろん、サポーターの皆さんも健康な身体作りをしながら応援しましょう!
(渋川玲子 様)
—————————————————–
■今までは「何となく」食事をしていました。今回のセミナーで、「食事の大切さ」を改めて教わりました。先ずは「楽しんで食事を取る」事から始めようと思います。(竹谷明彦 様)
—————————————————–
■とても楽しく受けさせてもらいました。理恵子さんの明るくみなさんを惹きつけるお話にあっという間に時間が過ぎましたが、1時間の間にたくさんの新しい事を知ることができました。このセミナーに参加して改めて気付いたことは毎日の食事の大切さです。
食べるというのは、唯一、五感を同時に使うことか出来る行為だそうです。視る、聴く、嗅う、触る、味わう、五感を使って、しっかり「味わう」ということを私たちは普段忘れてしまいがちですがしっかりと五感を使って食事をし食事を楽しもうと思いました(*^^*)料理を作るときによく切れる包丁を使うことや、まずは見た目をよくすること、食材や食器のコントラストをつけること、自然を少し取り入れた料理を作ること、食事中の会話でその日のレシピについて触れること等すぐに実践できるアドバイスをたくさんしていただき、少しずつ実践していきたいと思いました。ただ聞くセミナーではなく、会場に来た人たちが発言をしたりと一緒になって作り上げられる素敵なセミナーだと感じました。子供から大人まで楽しめる内容で、ひとりひとりが食に対してしっかりと考える良い機会になると思います。
私は次の日にさっそく包丁を研いでよく切れる包丁にしてみたり、いつもと食器を変えてみてコントラストをつけたり、盛り付けをいつもより丁寧にしてみたりして、料理し、晩御飯を食べました。少しの努力でいつもより豊かな気持ちで食事を楽しむことができました。(武田彩佳 様)
—————————————————–
■先日はセミナーありがとうございました。初めての参加で最初は少し緊張していましたが、山瀬さんのグイグイ引き込まれる話し方や雰囲気で楽しく参加することができ、終わってみるとあっという間の1時間でした。我が家にも4年生のサッカーをしている息子、6年生の陸上をしている娘がいるのですが、2人とも食が細く体もとても小さいことに日々悩んでいました。子供達は好きな物ばかり食べようとし、嫌いなものが食卓に並ぶとあからさまに嫌な顔をするので、どうすればしっかりご飯を食べれるようになるか、どのような食事が体作りに大切かを何か学びたいと思い参加しました。セミナーで山瀬さんは食事をする時に栄養素や食材などを常に説明することや、お皿や盛り付けなど視覚から美味しくみえる食事を作ることなどすぐにでも実践できる内容でとても分かりやすかったです。栄養素を説明することで、嫌々食事をするのではなく、自分自身の体の為に、どういう効果があってその食事をしているのかを今後子供自身が理解して食事ができるようになればいいなぁと思いました。
全体を通して山瀬さんのポジティブな考え方が周りの人にも広がっているのだなぁと感じて、私も今日からポジティブに考え行動していきたいと思いました。あとうちの息子はサンガのSP12に通っているのですが、そこでも山瀬さんの栄養セミナーを是非開催して欲しいと思いました。今回の内容になかった栄養素の事や、実際のレシピなどももっと知りたいと思います。(K.T. 様)
—————————————————–
■セミナー2回目の参加でしたが、1回目と内容も違い、今回もとても楽しいセミナーでした。山瀬家のお料理を見せていただき、理恵子さんが写真からお料理にたどり着かれたと言うのもびっくり。お料理の見た目もとても大切で、食事中の音楽、会話も全て含めて楽しもうと思いました。お料理は、お腹を満たすだけでなく、心も脳も満腹になるものなんだなとセミナーを通じて理解しました。理恵子さんの明るさ、お料理への思いをさらに深く感じました!これからの人生や食育に活かして行きたいと思います!!貴重なお時間、ありがとうございました!!(Y.T. 様)
—————————————————–
■先日は素晴らしい講習会をありがとうございました。あっという間の1時間でした。何からお話しすればいいのか…
私が理恵子さんを勝手に師と仰がせて戴いている理由は、彼女の生き方観に魅了されているからです。実は理恵子さんから以前より『なおさんとは同じニオイを感じる』と言って戴いてるのですが、食事に対する思い入れや、人を喜ばせることを以て自らの幸福感を得るところですとか、確かに共感する点は多いと恐れ多くも自分でも感じています。常々理恵子さんは『明日に途切れていまうかもしれない命。ならば今日を精一杯生きる』という旨の事をおっしゃってますが、なかなか出来ない事だと思い、私が最も尊敬しているところです!凄い事ですよね。全身全霊で日々を生きるとはどういうことなのか、それをこの講習会を通じて毎回教えて戴いております。
山瀬選手の言葉にもありましたが、最初は興味が薄いことも、根気よく丁寧に、(食事や栄養素の説明)続ける事で素の力が何倍何十倍となって威力を発揮する。なんて素晴らしい事でしょう!何て事ない、普通の事なのですが忘れがちな、私達が生きていく上で大切なことをそっと気付かせてくれる、私の中で理恵子さんの講習会はそんな位置付けです。
ご主人の仕事柄、もしかしたら人より多くのご不安や、ご苦労もあるのでは、とお察ししますが、持ち前のサムライ魂で乗り越えて来た理恵子さん。今の彼女は、一朝一夕で存在するのではなく、長年、地道に知識を蓄積し、経験を積み、そのすべてを以て不可能を可能にもしてしまうパワーを備えて来たのだな、と感じます。あの大きな声!まさに彼女の歩んで来られた人生の歴史による賜ですよね。(そろそろ怒られそう!笑)前回も今回も感じた事は、『一生懸命、楽しく生きる』って素晴らしい!って事です!(外村直美 様)
—————————————————–
■今回、山瀬さんの栄養講座に参加したいと思った理由は、キャンパス隊としてサンガに関わらせていただく中で、選手がサッカーに専念出来る環境ってどんなものだろう、選手の家族はどんな思いなんだろうと興味が湧いたからです。実際に山瀬さんのお話を聞くと、旦那様のために想像以上の努力をされていて、常に一緒に戦っておられるんだと感じました。また、アスリートに特化した内容の講演かと思っていましたが、アスリートも私たち一般人も食がもたらす影響は大きいということが分かりました。わたしはいま一人暮らしをしていて、ついついコンビニのご飯で済ませたり、食べなかったりしてしまいがちですが、もっと自分の体を大切にしなければいけないと感じました。
特に印象に残っている言葉は『お洋服1枚、化粧品1つを我慢して美味しいものを食べに行きなさい』ということです。味覚を鍛えて感性豊かな人間になりたいと思いました。山瀬理恵子さん、ありがとうございました!(藤原玲奈 様)
—————————————————–
■こんにちは。今回も楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました!セミナーで印象に残ったのは、いくつかの言葉です。1回目「がんばりすぎない、無理しすぎない、過度の緊張、ストレスで病気になる」2回目「美味しく食べることは、生きている証です」そしてなにより理恵子さんの「大きさ」です(笑)
身長・志し・声…特に笑い声。ステキな笑顔に包まれたくて、料理が苦手な私も参加したくなるようです。次回もどんな言葉を聞けるのか、楽しみです!待ってます !(オレンジR 様)
—————————————————–
■初回の募集の時には、子供も大きくなっているし、アスリートでもないから、私には関係ないかなっと応募しなかったのですが、初回に参加された方の感想を聞いてみて、次はぜひ参加したい!と思って応募しました。当日は顔見知りの方も居られて、開始前からワクワクが膨らんでいました。セミナーが始まると楽しい話で笑いがおこり、笑顔があふれていました。アスリートや子供の為だけでなく、これからの自分の食生活にも役に立つ内容だったので、参加して本当に良かったです。次回も参加したいと思います。
つたない文章では、伝えたいことが伝わったのかはギモンですが、「美味しく食べることは生きている証です。」の言葉を受けて、食事で笑顔を作る理恵子さんのように、美味しいものを食べて笑顔で生きて行きたいなーと思っています。(美山在住 橋本 様)
—————————————————–
■1回目はひとりで、今回は妻と夫婦で参加させて頂きました。料理に関する事はもちろん、理恵子さんの人柄に触れてポジティブになれる、とても素晴らしいセミナーでした!
山瀬選手は、怪我で本当の実力を発揮できず引退していく選手が数多くおられる中、2度の靭帯断裂他、数々の怪我を経験されながらも復活し、今だにトップフォームを維持しておられるのは、ご自身の節制と鍛錬の賜物であるのはもちろん、理恵子さんのサポートと人柄によるものも大きいのだなと、このセミナーを通じて感じとる事ができました。そして私自身、このセミナーを通じて妻に食事を用意してもらうのが当たり前になっていて、感謝の気持ちが薄れているという事、仕事がうまくいかない時にいつも1番支えてくれていたのは妻だったという事に改めて気付かされました。
今後は、妻に感謝し、食事は五感をフルに使って楽しみ、頑張って錦市場でいい包丁を買って、たまには美味しいと評判の店に食べに行って、現状オムライスしか作れないのですが、理恵子さんのレシピを参考に料理してみようと思います!今後のセミナーも、できる限り参加させて頂きますので、どうかよろしくお願い致します。(Y.S.様)
KYO_0320
▼【第三回】参加者からのご感想
http://us.msgs.jp/c/vReF?t1=Jva&t2=zpjX7nsWDE
■普通、選手の奥様やご家族って、サポーターからはあまりアプローチしてはいけない、あるいはせいぜいご挨拶程度、という感覚があるように思います。ところが山瀬理恵子さんは、関心を持ってくださると、むしろこちらへぐいぐいと来られるアグレッシブな方です(笑)さまざまな資格をお持ちなのも、きっと功治選手のサポートをされるにあたり「それ何?」と疑問に思われた事を勉強して、究めてこられたからだと思います。そのノウハウを「アス飯」で、「アス飯」動画で、そしてまたこの講習会で、気前良く伝えてくださるのです。
今回は「レシピを解剖する」というテーマで、ご自身のレシピは勿論ですが、他の選手の食卓までも秘蔵写真で解説してくださいました。ご家庭それぞれの工夫が垣間見えて、たいへん興味深く、また勉強になりました。わが家にはアスリートは居ませんが、今回繰り返し伝えていただいた「疲労回復を持続する」ことが期待できる食材の組み合わせは、ごく普通の人にとっても大事なところです。今日作った食事でも、ついそれらの食材を使ってしまったくらいです(笑)ほんの少しずつでも、わが家の食卓が改善していっているような気がします。次回はどのような内容になるのかまだわかりませんが、何でも答えて下さいますので、質問も考えていきたいです。(M.I.さま)
—————————————————
■昨日はご準備など、お疲れ様でした!今回も楽しく受講させていただきました。色んな方の食卓のお写真を見ていると、食材やメニューだけでなく器もステキなのがたくさんあり、テンション上がりました!国籍やスポーツの違いによって、重視される栄養素や奥様が気を付けておられる点など、少しずつ異なることも知らなかったですし、興味深く拝見させていただきました。
私は恥ずかしながら栄養に関する知識が乏しくて、でもわざわざ勉強しようと考える機会も無く生きてきました。栄養って、口にした途端に目に見えて体が良くなるものでもないし、何かを食べたら元気になったと言っても、食べた物だけの効果かどうかは分からない。理恵子さんのクックパッドを拝見するまでは、そんな風に思っていました。理恵子さんの日記を読んでいて、山瀬選手が再起不能とまで言われたケガから見事に復帰されたのは、やっぱり食事によるところがすごく大きいと分かりましたし、でも理恵子さんのレシピはガチガチの栄養重視という印象はなくシンプルで簡単!かつ美味しい!そんな理恵子さんのセミナーなら参加してみたい!と思ったのが受講のキッカケです。
息子も第一回から参加していますが、実は最初は、30人という定員に子どもを1人入れると、他に受講希望されている方になんだか申し訳ないと思い、息子は外で待たせて私1人で参加するつもりでした。でもたまたま、あと2人空いてますという書き込みをツイッターか何かで見て、それなら一緒にどうかなと思いました。私は難聴のため聞き取りが悪く、聞いたことを人に伝えることがうまく行かないこともあり、良いお話は出来るだけ息子本人に直接聞かせたいと普段から思っています。本人も乗り気だったので、参加することになりました。やはり息子も参加して良かったです。現役のサッカー選手を支えておられる方のお話は、サッカー大好きな子どもにとって一番説得力があると思います。
また、理恵子さんが他の受講者の方に、○○の栄養素って何か分かりますか?などの質問をされると、きちんと答えられる方が多くて、やっぱり知っておかないとアカンなぁ~と、私ももちろんですが、息子も感じていると思います。子どもだけが対象の講習会とはまた違った良い刺激があります。また、お話の内容だけでなく、理恵子さんのパワー?明るさ?笑顔?爆発的な笑い声?とでも言いましょうか、その場にいるだけで何だか心地よいのです。なので、同じ内容のセミナーを他の方がされても、同じようにはならないと思うのです。そんなワケで、また次回も楽しみにしています!(位田 多恵さま)
—————————————————
■今回も実りのある講習会でした。今回はレシピの組み立て方にスポットを当てた講習会でした。自他ともに認める巻き込み型。(“マジカル理恵子”でなくこれからは“トルネード理恵子”と呼びます。)色々なトップアスリートの食卓を拝見でき、お得感満載でした(笑)彼女のトークには嘘も裏も偏見もなく、ありのままを発信する力があるので、聴衆はどんどん巻き込まれ……いえ、引き込まれていくのでしょうね。
さて、今回の講習会は私にとって別の意味の楽しみがありました。アス飯ダイジェスト版第二弾が皆様のお手元に届く日!僭越ながら裏表紙のお弁当作りでお手伝いさせて頂き、貴重な体験となりました。(喜んで巻き込まれました 笑)理恵子さんからお声かけ頂き、といっても急遽『明日お宅で試作しましょう!じゃ!よろしく!』って言う感じの急拵えで『お弁当隊』を結成。慌ててお友達をランダムに集めてから気付けば皆様初対面!そして、当日は大雨で買い物にも行けず、家にある食材でいきなり試作という嵐のような試作光景でした。その後何回か試作を繰り返し、今回のお弁当が完成しました。品数が多いので『こんなの作るの大変!』と思われるかもしれませんが、作り置き出来るもの(枝豆、コーンは解して冷凍してあったもの)(かぼちゃ、おからサラダは前日に作って晩御飯のおかずにしたものを予め取り分け)もありますし、肉巻きは前日夜に巻いておけば朝に焼くだけ。おそらく朝の作業は20分で出来るレシピです。是非試して頂きたいです!
そして、一品は既に動画がリリースされていたので、実際に作ってくださっていた方もいらして、感激しました!嵐の試作dayの舞台裏、まだまだこぼれ話が沢山で話したら一時間くらいは余裕でかかりますよ!(笑)
今回の試作を通して改めて感じたのはベタですが『シンプル イズ ザ ベスト』基本形に盛りながらレシピを変えてそこからまた余計なものを削って行くと結局素材を活かしたシンプルなレシピに。何だか人生に似ているかも、とさえ思ってしまうほどでした。名は体(たい)を表すとか字は人柄が表れるとかいいますが、料理にも言える事だと思います。素材そのものの価値(栄養価、色彩、味)を吟味し、それを引き立たせる為だけに調味料は最小限。手早い調理で食材を尊重するアイデアに満ちた料理。そう、五感フル活用!……ほら、理恵子さんの素朴な『存在するだけで味のある』『噛めば噛むほど味のある』お人柄そのものではありませんか?(笑)次回も楽しみにしてます!(外村 直美さま)
—————————————————
■今回、山瀬理恵子様の栄養講習セミナーに参加させていただいて、今までいかに味覚だけを考えて料理をしてきたのかと気づくことができました。講習後は、料理に対する観点が180度変わりました!セミナーの中でパプリカのお話がありました。私はパプリカは彩りがいいからと料理に使っていましたが、それぞれの色で味や栄養素の違いがあることを教えていただきました!さすが、大地の恵み!意味があって色付いてるのですね!と思っています!理恵子様のレシピで各食材を使っておられる理由など、なるほどな!と思えることがいっぱいでした!私はいつか未来のアスリートを栄養面からサポートできるような仕事に就きたいと思っています。その夢を叶えるための第一歩を踏み出せました!
今回初めてセミナーでとても緊張していましたが、理恵子様がとてもフレンドリーにお話を進めてくださったので楽しんで参加できました!次回もぜひ参加したいです!素敵な出会いのチャンスをいただきありがとうございました!(竹内 絵里さま)
—————————————————
■先日はセミナーに参加させて頂きありがとうございました。参加できてよかったです!レシピを作る際に!栄養の組み合わせをポイントにされているというお話…。それぞれの作用が生かされるレシピであること…。参考になります。また、選手の皆さんの食卓写真を通じて、ご自身の体質を知り、食生活の管理もしっかりされていることに感心しました。奥様の力は大きいですね。家庭においても、あらためて食の大切さを考える機会となり、本当に勉強になりました。我が家のサッカー少年はもうすっかり大人になり、お弁当をつくる機会もなくなりましたが、KIDS弁当のラインナップはぜひ食卓に並べてみたいですし、全メニューすぐ家庭で実践してみたい!と思ったのは、レシピのわかりやすさ、そして理恵子さんの説明のわかりやすさのお陰です。1時間の中身は濃く、楽しく学ばせて頂きました。ありがとうございました。(飯田 美登里さま)
—————————————————
■山瀬理恵子さんセミナーに参加させていただき、ありがとうございました。今回参加するのは3回目です。試合開始時間よりも早い時間に西京極へ向かうのですが、内容が濃い上に面白いので楽しみに参加しております。「レシピを解剖する」という題目で、食材は何か使っているのかを紐解き、その組み合わせにより効能が現れるというお話でした。「この組み合わせで疲労回復になります。」など、何気なくいただいている食事は私たちの日常の体調をも作っているということ、とても勉強になります。日々の食事は食べたいものから考えてしまいがちですが、体調や栄養面から考える献立、食材選びをこれから実践したいと思います。そしてこれらエネルギー源としての食事を、美しい食卓にするのが「アスリートの妻」理恵子さんなんだなと感動しております。山瀬家の彩ある食卓のお写真や、今回は山瀬理恵子先生の人脈の広さが垣間見られる超豪華アスリートの方々の門外不出の食卓写真まで拝見させていただきました。ありがたいです。
このセミナーで、「食事は人を作る」と学びました。歳を重ねると、いろんなところに結果が出てきますが、体調、見た目年齢、行動範囲など、原点は食事にあると考えさせられるほど食事の大切さが伝わってくるセミナーでした。(T.O.さま)
—————————————————
■山瀬理恵子さんのセミナーに参加して気付いた事は「考えて献立を組み立てることの大切さ」です。自分はアスリートではありませんが、体の調子が悪い時は決まって適当に食事をしている時でした。「色」「材料」「栄養素」を少しは考えて食事をしようと思います。いただいたレシピを早速試しました。美味しく出来上がりました。(A.T. さま)
—————————————————
■第2回に続き第3回参加させていただきました。初めての時は、正直内容はあまり覚えてなかったので、「感想下さい」とメールいただいた時は、「…うーん何だったかなぁ」という感じでした。と、言うのもずーっと理恵子さんに釘付けだったから(笑)顔ちいさいなぁ、肌白くて綺麗だなぁ、スタイル抜群やん、脚ほそっ!山瀬くんはこんな美人奥様に素敵なご飯作ってもらってるんや…と、およそセミナーの意図するところとは関係無いところで感心してて、肝心の内容があまり入ってなかったという…(笑)こないだはちゃんと勉強しよっと、と思って参加しました。
今回はアスリートの普段のレシピを紹介して下さってて、仕事の関係で普段からお客様に栄養指導している私には、とても興味深い内容でした。普段私がお客様に提案しているレシピは、食べて美味しいかどうかより、いかに手早く簡単にバランス良く、カロリー低く作れるかを念頭に置いてるのですが、アスリート相手では「いかに美味しく食べてもらって、最高のパフォーマンスに繋げられるか」があるのだなぁと深く心に残りました。あと同じ食材でも、ダイエットや美肌の為に使うのか。。アスリートの身体造りの為に使うのかで、説明が少しずつ異なるのがとても面白く感じました。例えばトマト一つでも、私はお客様に「抗酸化作用があるんで美肌になりますよ」と言ってますが、理恵子さんのレシピでは「クエン酸が疲労回復に役立ちます」になってたり。なるほどなーと思う事がたくさんあって面白くて。仕事にも、自分や家族の健康にも役立つかなと、今まで食育指導士の資格を取ったり、色々勉強してきましたが、理恵子さんのセミナーは一番面白く感じました。アスリートの奥様目線というのも珍しいのですが、何より全く飾らないお人柄があるのですね。山瀬選手の今までのチームメイト+ご家族、今のチームメイト+ご家族、みんなに愛情が溢れていて、エピソード聞く度に笑ってしまいました。
ま、一番笑ったのは、最初のギクシャクしてる調理の動画を観ながら、「私ダメだ~」ってダメ出ししながら爆笑してた理恵子さんでしたけど。立場的にもっとセレブな感じにしててえーのにな~と思いつつ(笑)すっかり気さくな理恵子さんのファンになってしまいました。また是非第4回があるなら参加したいと思ってます。(K.T. さま)
■この度、山瀬理恵子さんの栄養講習セミナーに参加させていただきありがとうございました。今回の講習セミナーでは日常生活ではなかなかできない貴重な経験で、感性を磨くことができました。今までに味わったことないおいしいお茶やお菓子をいただき、そして楽しみながら作法も学べるwonderful,beautifultimeでした!!
部屋に入ってすぐに、会議室とは思えないレイアウトに緊張感を持ち、背筋がピーンと伸びました。普段では見逃してしまうお花やお香、掛け軸、お菓子のお皿にも1つ1つ意味があることを教えていただきました。掛け軸はそのお茶席のテーマであり、「喫茶去」の言葉の「去」という語に中国語では「go」の意味があること。お茶をして一息ついてGO!まさに人生のテーマにしたい言葉です。お茶の歴史や千利休や作法の話もとても興味深く思いました。
img_9249
武村さんのお茶を煎れ方や熱い思いのこもったお話に魅了され、心が清らかになりました。
また、緊張感漂う雰囲気を和ませてくださる理恵子さんに身を委ねながら、あっという間の2時間が過ぎました。後半で理恵子さんよりお茶と食についてのお話をしていただき、お茶とスポーツとの関係性も知ることができました。
お茶と食…当たり前に身の回りにあるものですが、当たり前にいただくことができることへの感謝の気持ちをもっと大切にしていきたいと思いました。
武村さん、理恵子さん、久保さん、マグカップをデザインしてくださったデザイナーの方、たくさんの関係者の方々、貴重な経験をさせていただき本当にありがとうございます!感謝の気持ちでいっぱいです!
栄養講習セミナーに2回参加させていただき、理恵子さんから栄養の知識と元気をたくさんいただいています。私自身、料理に対する意識はもちろん考え方も180度変わりました!
今回の栄養講習セミナーが今年最後でとても寂しいです。絶対ぜーったい来年も開催してください!
(E.T)
■「山瀬理恵子さん栄養講習セミナー」に参加させていただき、誠にありがとうございました。
開始時間が迫ると、袴姿の武村さんと理恵子さんが廊下へ出てこられ、ドアのところで参加者一人一人にご挨拶してくださいました。少人数に限定されていること、最終回スペシャルと告知されていたことも重なり、一層プレミアム感が漂います。室内も京都市市民スポーツ会館の一室とは思えない雰囲気で驚きました。
全員が着席し、落ち着いたところで武村さんからお話があり、ご挨拶、礼を揃えるところからお作法を教わっていきました。さすがの理恵子さんも緊張してお話を聴かれている様子で、すると「友達の席に呼ばれているイメージで」と、少し安心できるお言葉がかかります。されに伺っていくと「招いてくれた友達を讃えるのがお客の務めです」と、やんわりと、するべき事、してはいけない事など、ルールの説明をしてくださいました。そのうえで「自分で考えてやってみて、失敗して覚えるほうが身につく」とハードルも下げてくださいます。
茶道のお作法は何だか堅苦しくて、お行儀に厳しいと感じるところですが、武村さんから説明を受けると、ひとつひとつに合理的な理由があり、そうする方が何かと円滑に進み、見ていても美しいことがわかります。
でも納得しながらも、自分で行動に移してみると、例えば礼ひとつにしても、下げた頭を上げていくのがまだ早かったと感じました。日頃どれだけせかせかと行動しているのか思い知りました。たいへん有難いことにずっと側で、本来の和室でのお点前であれば、そんな至近距離では拝見できないような近くで、武村さんの動作を見せていただいていました。それは美しく、するすると流れるようにお点前をされるのですが、ふと考えて、これを自分がするとなると大変だと思いました。ひとつひとつの動作を「これはこうやって」なんて考えるだけであちらこちらで間違えてしまいそうです。お客さんを前にして、段取りを間違えずに、お茶席を務めるだけでも相当のことでしょうが、心を込めて大勢のお客様におもてなしをするためには、どれだけ連取を重ねなければならないか。
約2時間、ちょうど一試合開始から終了までと同じ長さの緊張のなか、多くを教えていただき、また多くを思い、考えました。「喫茶去」のお軸が掛かった素敵な空間を「去る」時も、武村さんと理恵子さんに丁重にお見送りいただき、いつもの試合前の喧騒へと入っていきました。つくづく別世界でした。
来シーズンは新しいステージで、また違う景色を見せてくださることを楽しみにしています。よろしくお願いします。(M.I. 様)
img_9433
img_9432
img_9435
■今回のセミナーは、私にとって初めての体験で、1回~3回とは違った緊張感でいっぱいでした。お茶とは…リセットして次に進む日々流れている時間を止める大切さを知りました。久保さんもおっしゃってましたが、「自分で考えてやってみること間違っていてもいい。間違ったら正して少しずつうまくなればいい。間違った方が成長は早い」武村氏の言葉は、みんなに伝えないといけないと思いました。私はなぜか、迷う心がスーっとしました。私はお料理も苦手ですし茶道の経験もありません。それでも次があるなら、絶対参加したいと思いました。ありがとうございました!(K.K. 様)
■思い起こせば7月、登場人物いっぱい、小道具いっぱいのコントのような謎の展開からスタートした講習会の最終回が、人生哲学と言いましょうか、人たるは何ぞやとを深く気付かされるものになるとは想像していませんでした(笑)
d0e2d2a0fbe49cb25f0dcfcf245ae0b8
武村さんの、無駄のない所作にうっとりと見惚れつつ、お話を伺ううちに、過去3回の講習会で何かとキーワードとして出ていた『五感』のその先にある『何か』を教えられた様な気がします。お客様を招く側の心得、招かれる側の心構え、というと堅苦しく思われますが、とてもシンプルなこと、『思いやり、相手への敬意、感謝、尊重』この気持ちをお互いに抱きつつ向き合う事だと解釈しました。亭主は相手の事を思いやって細部に気を配って準備し、その亭主を思いやって客は主客を立てつつその場を愉しむ、、、これは何も茶道の世界だけに当てはまるものではなく、私達の生活のあらゆる場面に通じるものだと思います。
相手を思いやって行動する事はサッカー観戦にも共通する心構えですよ!と折々に講話に挟み込む武村さんの優しさにも感激しました(笑)当たり前の事なのに、日頃は忘れてしまいがちな大切な事。慌ただしく過ごしている毎日で、人付き合いや、家族との触れ合いが雑になっていないか?と再認識する機会を今回頂きました!
0分、いや、5分もあればお茶は淹れられます^^今後は慌ただしい時にこそ、『ここらで一服』リラックスして己を見直して、次への活力を養う、【喫茶去】タイムを導入しようと思います(๑˃̵ᴗ˂̵)
講習会の感動冷めやらぬまま、武村さんに想いの丈(笑笑)をぶつけてお礼を申し上げたところ、またまた素晴らしいお言葉を頂戴しました。
【感を磨き、生を愉しむ】
うーん。深い!この一言に尽きますよね!
私だけ頂戴するにはもったいないお言葉、お世話になりました久保さんと、腹ペコでもありったけのドングリを差し出したリスさん(笑笑笑)にご恩返しでこの言葉をお裾分けさせて頂きます!
そして、偉大なる武村さんをも巻き込む『トルネード理恵子』さんに、改めてリスペクトです(大爆笑)理恵子さんも講習会前に仰ってました通り、4回の講習会を通して沢山の『宝物』を頂戴しました。参加させて頂いて本当によかった!全ての出会いにこころより感謝を申し上げます。ありがとうごさいました!
img_9285
■栄養講習セミナーには、運よく4回とも参加させていただくことができ、いつもすごく楽しい時間を過ごさせてもらいました。特にこの4回目は、お菓子もお茶もすごくおいしく、とても贅沢なひとときだったので、この後試合があるのを忘れてしまいそうでした。
お茶の世界はまったく初めてでしたが、お話の中で緊張感を楽しむというのには、はっとさせられました。今まで緊張ほど嫌なものはなく避けてきましたが、思いようによっては楽に乗り越えることができたかもしれないなぁと思いました。
img_9260
失敗してもいいからまずやってみるという言葉も身にしみました。お茶の世界は、お茶そのものだけのことではなく、日々の生活にも当てはめることができるお茶の心があるように感じ、勇気をもらいました。
また、後半には理恵子さんのお茶と食についてのお話があり、ただ喉が乾いて飲むだけのものとしてしかお茶を思っていませんでしたが、これからは味わいながらお茶を楽しみたいと思いました。
セミナーに参加して考え方がとても前向きになることができました。理恵子さんの元気ももらい、苦手な料理もがんばってチャレンジしていきたいと思います。本当にありがとうございました。久保さん、理恵子さん、また栄養セミナー開催してくださいね。(Uさま)
img_9275

■以前、知人から椿堂さんの『和紅茶』をプレゼントされて以来、紅茶をいれる時は、お気に入りのカップに入れて楽しんでいましたので、今回のセミナー、スゴく楽しみにしていました。 どんなセミナーになるんやろう?トークショーでもしはるんかな? …と軽く考えてましたが、いきなり御二人のお出迎えでびっくり(しかも武村さんは和装で) img_9259 室内に招き入れてもらえば、香の薫りと掛軸、花、お茶の御道具が綺麗にセッティングされていて、瞬時に武村さんと理恵子さん御二人のセミナーにかける本気度が伺えました。椿堂さんの代表さまが来られるなら、お茶とお菓子が戴けるかなーと軽く思ってましたが、その時点で背筋がピンと伸びました(笑) 始まったセミナーも、まさに普段フニャッとしてる私でも、背筋が伸びるような素晴らしい内容でした。お茶に関わる方からお話をお伺いするのは初めての機会だったのですが、茶の歴史から、武村さんの茶人としての心構えなど、内容盛り沢山で二時間じゃ全然足りない位に感じました。 img_9271 お菓子を取る際の作法をみんなで実践していて緊張感が漂う中、武村さんがおっしゃた「緊張しますか?緊張感があるから楽しめるのですよ」という言葉がとても印象に残りました。 現代の人はリラックスして物事を楽しむ事が多いけど、それだけでは得られない楽しさがある…という事をおっしゃてて、ああこれ、サッカーでもそうやなと思いました。 プロサッカー選手であれば、試合のみならず普段の練習でも緊張感の中で闘ってるのでしょうけど、それを逆に楽しめて、普段の様に(もしくは普段以上に)実力が発揮出来るのが一番良いですものね。リラックスして普段の力を本番で発揮出来るのも良いと思いますが、リラックス出来る状態で試合に臨めるという事ってなかなか無いでしょうし。茶席の事がサッカーにも通じるのを感じて面白いなぁと思いました。 全員分のお茶を入れて下さった時の仕草もとても流麗で、じっと見つめてしまいました。たくさんの茶碗を一つ一つ丁寧に並べ、するするとお茶を入れて下さったのが見事な手際で。この席の亭主としての「おもてなし」の心がこもっていると感心いたしました。 img_9270 また入れていただいたお茶の美味しかった事!思わず一口含んだ瞬間「めっちゃ美味しい…」と品の無い言葉を溢してしまう位でした(あ、言っちゃったと焦りましたが)武村さんが「嬉しいですねぇ」と言って下さったので良かった(笑) 茶殻の話しになった時の理恵子さんと武村さんの違いも大変興味深く感じました。理恵子さんは材料、食べ方(料理)、食べる人それぞれにリスペクトがあって、普通なら捨てるものも工夫して生かそうとする「慈しむ心」があるんだなぁと思いました。武村さんは茶人の世界観として、要らないものは切り捨てる美しさをお持ちだなと感じました。 img_9263 いずれも凡人の私にはなかなか持てない感覚で、御二人とも本当に素晴らしいなぁと感慨深く思いました。 今回セミナーに参加して、たくさんの事を学ばせていただけて本当に感激しております。この素晴らしいご縁をいただけた事に理恵子さんに感謝を。そして、ホーム最終戦の大忙しい中、準備して下さった久保さんにも感謝の言葉を。本当にありがとうございました。 長い感想文で申し訳ありません。来年またセミナーを開催して下さる事を切に願いつつ。 ■追伸 喫茶去マグめっちゃ良いですね!デザインも可愛いし。(椿と喫茶去と理恵子さんマークが絶妙なバランス)かなり大きいのにそんなに重くないし。←女子には重要。今、休職してますが、復帰出来たら職場でマグ使ってアピールしたいと思います。椎間板ヘルニアになって、安静にしないといけなくて、精神的にふさぎこんでいましたが、セミナーで色んな事を学べて、参加して良かったなーと思いました。「喫茶去」でいえば、まさに今わたしは、お茶でも飲んでゆっくりする時で「去」る時まで力を貯めてる状態なんやわ…と前向きに今の状態を捉える事が出来ました。でも早く復帰したいなー(笑)怪我した選手の気持ちが今ならとても良く理解出来ます。(谷本久美子 様)

img_9275